バックアップメディアによっては何年も持たないことも: ずくなしの冷や水

2019年05月18日

バックアップメディアによっては何年も持たないことも

2019/5/18、Sさんからバックアップメディアについて教えてもらいました。引用開始。

スマホのバックアップは皆さんどうされているのでしょうね。 どうあれバックアップしたデータの保存先、CDやDVDですが、これが記録はされていても読み出せない問題があります。 早いと一年持たずにダメになります。CD-R、DVD-R系が一番記録保持が良くありません。 記録が経年変化を起こす色素である故の理由です。

CD-Rの記録は三菱が作っている群青色のアゾ色素が耐久性が良いのですが、その分記録面が暗くなり、光学ドライブ側が読み取りがしづらく、フタロシアニン色素がバランスが良いとされ、速さ、安さが売りの量販店でおされ、ほとんど見かけなくなってしまいました。

CD-RW、DVD-RW系は書き換え対応の為、記録面が1回記録のRより丈夫なため長期保持に適します。ただ、書き換えは劣化する為厳禁です(本末転倒ですが)。(ええっ!!) しかしRWも色素であり劣化は同様です。

ここで全く別の、物理記録のメディアがあります。 DVD-RAM、また音楽好きの方ならご存知のMDです。 物理記録(レーザー穴ではなくディスクの凹凸)になるため、通常の環境で100年以上の長期保存が可能です。

とは言え、CD-RやDVD-Rの保存性の悪さから一昔前の磁気記録テープが見直され、長期保存のためにわざわざ磁気テープに書き直しの企業もあるとか。

クラウドドライブなどはHDDの磁気記録であり、バックアップも容易にセットされている事が多い事から、お手軽な磁気記録になります。 簡単な長期の安定したディスクメディアの保存ならRAM、またはMDしかないのですが、一般的な認知は低いようです。

・・・引用終わり・・・

今はMDドライブなんか売っていませんよね。
少し勉強します。
posted by ZUKUNASHI at 18:20| Comment(5) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
スマホのバックアップはPC(ストレージはSDD)にとって、PCのバックアップ用には、USB接続のHDDを利用しています。エラーが発生してからのデータ救出の可能性が一番高いのは、HDDでは無いでしょうか?

気が付けば光学ドライブ・メディアは書き込み用としては何年も使っていませんね。読み取り用のレンズが汚れてエラーが出やすく散々悩まされたからです。

その後SDカードが良いと思っていましたが、ドライブレコーダー用途で書き込み処理中の予期せぬ電源オフ一発での故障を経験して、これといった対応策の決め手を持っていません。

SDDは通常使用するには高速で便利ですが、いつ壊れてしまうのか予兆を捉えにくいのではないかと感じています。

どのメディアであれ頼りにし過ぎて備えを怠ると、後悔することになりますね。
Posted by かまがた at 2019年05月20日 01:30
こんばんは
SDカードは、スティックパソコンやデジカメなどの記憶装置で結構な数を使っていますが、よく壊れます。特にT社のものが危ないとの説もありますね。SDカードやUSB
メモリーは、もともと保存を目的としたものではありませんね。私も古いHDDの活用策としてUSB接続のHDDを使っています。光学メディアでは記憶容量も少なく、データを人に渡す時にしか使わなくなっています。
データの相当部分をレンタルサーバーに保存しています。どうもこれが一番安全かなとも思っています。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年05月20日 01:40
microSDは、1GBの頃からずっと無数に使っていますが、
東芝もサンディスクも大丈夫です。
まだ、1個も壊れたことないです。

PCのUSBの穴に、microSDを差し込む極小アダプターがよく壊れます。
サンワサプライ(だったかな?)らしい優れものですが・・。
メディアがエラーになる代わりに、アダプターがエラーになって壊れると解釈して使っています。たぶん、そういう理屈だと思います。
あの小さなアダプターを小銭入れに入れて持ち歩かないと、
私たちは仕事になりません。

PCのHDDも、そのうちなくなって、メモリーになるようですから、
もう、メモリー時代だと思います。

もちろん、microSDに入れて終わりにはしませんよ。
そんなことやっていたら、完全な安心はできない。
パソコンの基本は、リスクの複数分散ですから、
microSDに入れてから、ついでに、そのデータを
別のネットに繋がないPCのHDDにも入れておきます。

HDDはどちらかというと、誤ってファイルを削除したときの復活が
復活ソフトで高速にできますから、その意味でも安心です。
あとHDDは壊れた回数が、30年で1回だけだから、まあ、良いほうでしょう。

microSDのドライブで削除ファイルの復活を試したことないけど、
まあ、理論的には、そこのドライブでもできるでしょうね。

あと、見られてても良いファイルなら
「ギガファイル便」のような無料オンラインストレージにupして保管することもします。
2週間の保管期限にして、毎週更新していれば、無限にupできます。

レンタル・サーバーにFTPでupする手もあります。
複数の方法を分散するのが良いと思います。

とにかく経由手段は、microSDですよ。
光学メディアなんて、仕事関係も友人も、周囲に誰も持ってないから
自分のPCにDVDのドライブがなくても完全にOKです。
エロDVDも視ないし。
あれはまあ、OSのインストール用のドライブになり果てましたね。

OSもそのうち、SDメモリーで出回るようになるかもしれません。
HDDとDVDドライブは場所を取りますから、
絶対に、なくなる方向だと思います。
大きな物は不要な時代ですから。
どんどん小さく、しかも高速化するのが、方向性です。

30年前にデータベースのソートをするのに7時間かかりましたが、
今や1分以内で終わります。
100MBのPDFファイルを相手に送るのに、
今やメールの添付ファイルなんて使わない時代ですから、
オンラインで瞬時に遅れます。
どんどん時代は変わっていくと思います。
Posted by hiyaase at 2019年05月20日 09:41
安定性は光磁気系が一番だったようですね。MO、MIniDisc、DVD-RAM
生き残っているのはDVD-RAM?
あとはHDDサーバーで、定期的に更新するぐらいですね。
Posted by SY at 2019年05月21日 17:39
アマゾンで10数年ぶりにcdやDVDで検索して
カスタマーレビューを読みましたが、
エラーが出ないのでパナソニックは安心だとか、
フォーマットができないとか・・。
エラーなんか出たらアウトじゃん。

ということで、古代のCDやDVDに戻ることは、もうありえないと思いました。
DVDドライブ自体もエラーや感度不良が出るから、
USBの穴がいちばん安全だと思います。
microSDから、別の場所に移動する以外に、ありえない。
Posted by hiyaase at 2019年05月23日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。