痩身教室を始めたいものだが: ずくなしの冷や水

2019年05月17日

痩身教室を始めたいものだが

減量努力を始めています。
先日、農家のおばさんに「金持ち風の腹の出方をしている」と評されたのですが、喜んではおられない。(下流老人をごまかすにはよくてもひったくりにあったりするかもしれない)

イチジク型の腰部の肥満はまだよいそうですが、私のようなリンゴ型は内臓脂肪がどこかにまとまって溜まっているので、絶対に悪い太り方です。

とにかく食べる量を減らして代謝を強めることが基本。

最近、朝、目覚めると腰が痛いのです。腹の肉が落ち始めると腰が痛くなるのは何度か経験があります。頬の周りの肉が落ちれば、ヤッター!となります。

腹の出方は、通じの良しあしによっても影響されますが、顔の太り方はそれには影響されません。

最近、徘徊記録を載せていませんが、横から撮った画像は、短冊形にして突出した部分をカットしないととても見苦しい。そんな姑息な加工をしなくてもよいようにしたいです。

被ばく回避と減量のための生活習慣の指導、需要ありますよね。

痩身のためにお金持ちは年間何十万円も払っているんですよ。私が始めたら10分の1でやりましょう。

えーっ、タダじゃない?

当たり前です。被ばく回避情報は全く付加価値がなかったことを強く反省した結果です。

・・・・・

ダイエット経験をお寄せいただいています。いろいろありますね。

ある若い女性は、ある方法で10kg痩せ、今は15kg減になったと。えーっそれはすごい! ついつい実施前・実施後の画像あります? と聞きました。

そんなのありません!! とぴしゃりと私の邪な考えに釘を刺されてしまいました。目的が単なる痩身ではなかったのだそうですからそうですよね。でももったいない感じも。

年間何十万円も払う痩身法は、減食と運動です。やはりこれが安全、副作用なし。

現にこの方法での自主管理で体重のコントロールに成功しておられる方も。

肉を食べて痩せる方法の記事を載せたこともあります。この方法の推奨者もおられます。

いろいろ伺って(伺える話はすべて実践記録があます。画像はなくても)コースメニューを増やすことから始めます。

今私が気になっているのは、年間何十万円も払う痩身法を実践しておられるご婦人は、どうも最近シ〇が増えたようにも感じるのです。そんなことは本人の前ではおくびにも出せませんが。

しわくちゃばあさんは長命です。ご夫婦で干ばつ時の田んぼのようなシワを作っておられるご夫婦にお会いしたことがあります。100歳近くでしたが、二人で自転車で出かけていると言っておられました。
posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。