被ばく症状最前線 しゃっくりが止まらない: ずくなしの冷や水

2019年05月18日

被ばく症状最前線 しゃっくりが止まらない

2019/5/16に寄せられた投稿を掲載する。

東京の近接県に住み都内で働く40代の男性が、ある日会社でしゃっくりを朝から何時間もしていた。前日から継続しているとのこと。 心配した同僚が、時間が長すぎるので病院に行ってみるよう勧め受診。 その後、欠勤。

・・・引用終わり・・・

しゃっくりは、横隔膜や他の呼吸補助筋の痙攣によるものとされていますが、まれに横隔膜の炎症や肝臓癌・腎臓病・脳腫瘍といった疾患によって引き起こされることもあるとWikipediaには書いてあります。

私が子供のころは、しゃっくりが長く続くのはよくないとされ、驚かせたりして止めようとしたものです。成長期にある子供の呼吸に支障がある現象は酸素の取入れにマイナスということを知っていたんでしょう。

しゃっくりが続いて亡くなったりした方の例もあった、それが語り継がれていたのかもしれません。

管理人が記憶する限りでは、しゃっくりが止まらないという例は少ないです。このブログを検索すると次の例があります。

※ poppy ‏@pmxpvrtmx 氏の2016/9/27のツイート
義兄の死後、改めてSNSを1年分ちょっと拾い読みしたところ
急にすごく痩せた(顔写真より)
筋肉痛
しゃっくり
口内炎
起きたら口の中が変な味
胃の調子が悪い
疲れが取れない
…これは典型的な被ばく症状では、と。
よく私以外の誰も注意しなかったなと呆れました。

・・・引用終わり・・・

被ばくは万病の元。異常な身体現象が出たら、その原因をよく考え、不審なことがあれば、すぐ病院へ!

次の記事はよく調べてあります。

阿修羅掲示板
しゃっくりが止まらない人が増えている これも被ばくの影響である可能性大 
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2019 年 5 月 17 日 21:47:55

初出:2019-05-16 12:52:05 追記5/18
posted by ZUKUNASHI at 13:41| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
この記事読んでハッと気づいたのですが… 日本からこちら、東南アジア某国に移住して、そして日本茶を飲まないようにしてからこの●年、全くしゃっくりが出なくなりましたよ。一、二年に一度出るかどうか、ってとこです。東京に住んでいた頃は、月に一度か二度は必ず出ていて、毎回どうやって止めるか悩んでいた程なのに。
なお以前にも書いた通り、東京時代は週に一、二度必ず出ていた鼻血も、前後してピタリと止みました。
Posted by 椰子の樹。 at 2019年05月18日 23:46
管理人様へ

いつも貴重な情報提供、本当にありがとうございます。

東京へは定期的に足を運ぶのですが、最近はまた空気中の飛散物が
多い気がします。2日ほど滞在しただけで、目がおかしくなってしまうのです。

防塵メガネを忘れると、2日以上は滞在できない印象です。
名古屋に戻っても、頭がボーッとした状態が1週間は続きます。

前に鶏糞の放射能汚染について投稿しましたが、そのせいか
最近は食べられる食材がどんどん少なくなってきています。
自然派の農家は、有機肥料として鶏糞を使っているので、
その農産物は、ほぼ壊滅的な状態ではないかと思います。

うちの家族はカナリア体質らしく、汚染食材を食べるとすぐに
頭痛がします。卵は、どれほど西の生産地でも、貝殻や汚染米を
食べさせているらしく、半年前から我が家では禁止しています。
(酷い頭痛がするのです)

1年前には、安全に食べられるものがたくさんあったのですが。

先の方が書かれているように、もう海外移住以外では、生き残るすべ
はないのではと考えています。

名古屋の空は、変わらずケムトレイルが酷いです。
深夜から早朝にかけて撒いていて、朝一番で空が真っ白のこともあります。

日本は、人間の悪意が生み出した地獄のような場所になりつつあります。
東京や大阪のにぎやかさは、滅亡を前にした一時の宴に感じます。
Posted by 名古屋の読者です at 2019年05月19日 15:03
管理人様

長文失礼致します。

いつも細かな情報を配信いただき、ありがとうございます。
当方、2012年の5月に南米へ移住した者です。

以前に一度だけ投稿させて頂いたことがございます。

親や親類、兄弟などを説得して海外に一緒に移住しようと思っておりましたが、誰も動かず、有志での移住となりました。

今は南米のパラグアイ共和国で生活しておりますが、パラグアイでも田舎の農業地域ということもありまして、農薬問題が山積しております。

しかし、農家の方々も意識が変わってきていて、遺伝子組み換えや農薬に対してどうするか試行錯誤している所です。

健康被害に関しては、当方の家族に関しては今の所大丈夫ですが、東京にいる時には3月12日以降、窓に目張りなどして、食べ物にも気をつけて過ごしていても目の白目が破けたり、心臓が痛くなったり、腹膜炎になりかけたりしてました。

すぐに避難したかったのですが、日本の中での移住では、瓦礫焼却などでいずれ住めなくなると思い、1年我慢して当時小学生の息子は学校に理由を話して登校拒否させて、こちらに避難してきました。

そういった経緯がありますので、コメント欄の方々の様子を見ていると、本当に出来る方は海外に移住されたほうがよいかと存じます。

もし情報が必要な方がいらっしゃいましたら、情報の提供をさせていただければと思います。

移住を手伝っている方で、受け入れ側の問題と希望者側の問題で揉めている事も耳にしております。移住希望者を結果的に騙すような事も散見しています。

難しいですね。自分はなりを潜めてやり過ごすつもりでしたが、名古屋の読者さんの投稿でこのままでいいのか?と自問自答しました。切迫してるように思いました。

気軽に移住を進める方もいらっしゃいますが、私としては自己責任で覚悟をもって決断する必要
があることだと思っております。

地元になじまないと、その後もうまくいかなくて帰国してしまう方もいらっしゃいます。

前を向いて進めるように、微力ながらお手伝いできれば幸いです。





Posted by 2012年海外移住 at 2019年05月20日 08:06
たしかに日本で生産されている全ての農産品や加工品に放射能が含まれているのだから、圧倒的に正しい方程式、被ばくは足し算というのを知っていれば、海外を目指すのは自然の成り行きです。時間薬が効いてきて、給食を食べて大きくなった子供たちは義務教育を終えて果たして成人できるものなのか、無病で済む事など考えられません。それとも生物が進化するミリ以下の可能性に賭けて生活を変えずに生きて行けると本気で信じているのでしょうか?
私はまだ小さいうちの子にそんな狂った地獄は見せたくありません。だから、うちだけ弁当持ちで学校に通うというのは実際とても辛かったものです。子供は本能で理解し、日々生きようという強い生命力にあふれているのですから、食べて応援の給食を毎日一食食べる事がどんなにキチガイじみているか、すぐに理解するはずです。大人との対話はもう無駄なレベルだと思える中で、ではなぜ死に誘う給食を食べる必然性があるのか?その事実に気づいたら大人への不信感は増すでしょうね。とても残酷な事をしているのです。子供は人生を自分の力で選び取ることはできず、大人から与えられたもので生きているのですから。

そして四方八方、あらゆる魔の包囲網に戦略的に囲まれている大前提に立ち、油断も積極的に排除しなければいけません。
放射能関連で超有名なツイッターの囁き主やブロガーたち、メルマガ配信者たち、実際彼らは放射能で海外に移住する事を推奨していません。過去記事、そして直接彼らに問い合わせるとわかります。
あれだけ知識の積み重ねがあるのに何故でしょう?矛盾していませんか?
答えは明白です。あちら側に吸収されているのです。
だから有名どころに心酔せずに、自分の頭で考えましょう。本能で行動しましょう。他力のみで自分を何かに預けるのはやめましょう。
そしてそろそろ本当に、目を覚ましましょうよ。
やるだけやって悔いのないように生きる、後ろを振り返らない。それが許される大変な時代になったのです。
生きるか死ぬか、自分で選ぶのです。
だからまず、自分の胸に手を当てて聞いてみましょう。
生きたいですか?本当に?
放射能リスクを知っていて、全て承知で生活を変えない人たちが東京をはじめ関東にはたくさんいます。
期間限定で生きられれば、死をも厭わない、そんな人たちもいるのです。
生活を変えない理由は、積極的な生きる意志がないからなのだと仮定することもできます。緩やかな自殺です。
それは命を与えられる事に値しない行為です。
徒競走で、もう勝ち目は無いからとレース途中でスタート地点に帰って行くような人生にどんな実りもありません。
でも全ては自由意志。責める事は出来ません。ただ、気違い染みた食べて応援に巻き込まないでいてくださればね。
Posted by 生きる at 2019年05月21日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。