高齢者・年配者の車両運転事故続く: ずくなしの冷や水

2019年06月05日

高齢者・年配者の車両運転事故続く

国内ニュースで高齢者・年配者の車両運転事故が続いています。池袋のひき逃げ事件以降、ついつい交通事故の運転者の年齢に目が行きます。高齢者・年配者、それに女性が多い。大津の事故では衝突事故の両方が女性です。

転ばぬ先の杖は、運転を控えることから始めたらいいです。

コメントに返事を書いていて気づきましたが、アクセルとブレーキを踏み間違えるような人は、そもそも車を運転すべきではありません。運転免許の試験でそんなことをしていたら運転免許は付与されないはず。

運転資格はく奪すべきでは? 本人はその踏み間違いが起きた時点で運転免許を返上すべきです。

※ 香山リカ @rkayama氏の2019/5/9のツイート
高齢者の運転の事故と免許返納が話題だけど、医師免許に関しても早晩同じ議論が起きるんじゃないかな。若い頃にいた病院で視力が極端に衰えた高齢皮膚科医がいて、プライドが高く「問題ない」と診療続けるので看護師さんが困ってた。私もすぐに高齢者だけど衰えを感じたらスッパリ辞められるだろうか…


JNN/TBS 2019年6月5日(水)11時08分
福岡 高齢者逆走事故、ブレーキ踏まずに交差点突入か
 福岡市早良区で4日、高齢者の運転する乗用車が道路を逆走しながら車5台と衝突した事故で、車はスピードを出したままブレーキを踏まずに交差点に突っ込んだ可能性が高いことがわかりました。
 4日午後7時過ぎ、逆走したミニバンが車5台と衝突し、このうち2台を巻き込みながら交差点に進入し、歩道に乗り上げました。この事故で、ミニバンを運転していた近くに住む小島吉正さん(81)と一緒に乗っていた妻の節子さん(76)が死亡。歩行者1人も巻き込まれて、14歳の女子中学生を含む男女7人がけがをしました。
 ミニバンは交差点に向かいながら数百メートルにわたって中央線をはみ出しながら道路を逆走していました。捜査関係者によりますと、事故現場の周辺にはブレーキを踏んだ際に残る痕が道路に残っていなかったことが新たにわかっています。
 警察は、小島さんの運転するミニバンがスピードを出したまま交差点に突っ込んだ可能性が高いとみて、事故の原因を詳しく調べています。(05日09:47) JNN/TBS
posted by ZUKUNASHI at 13:04| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
おはようございます。
この所の交通事故の報道で
高齢者による重大事故が大きく取り上げられていますが、
前々から不審に思って居り
ヘッドラインに年齢の記載が無いニュースを開きますと、
高齢者と言えない年齢の人達が起こした事故です。

もうこうなると扇動記事と言って良いのでは?
と考えてしまいます。

放射能禍を追っているtweetを見ても
アクセルとブレーキの踏み間違いは広い年齢層で起こっているように
見受けられます。

と言いつつ、
我が家も夫が69歳
確かに衰えが見えます。
これで80歳を大きく過ぎて、と考えると
恐ろしい。
今85歳のお友達は数年前に免許返納しました。
運転の上手ないまだに頭脳明晰な方ですが、
綺麗な引き際で、立派だなぁと
以前に増して尊敬の念が強まりました。
Posted by julia214 at 2019年05月09日 08:51
個人差もあると思いますが注意力や緊張の持続力、運動神経の良さは年齢とともに確実に低下します。これは実体験。加えて、年を取るとわがままに。私は道路横断で信号無視をすることが多くなりました。
あまり人や車の通らない田舎を軽自動車でゆっくりマイペースで走るのなら田んぼに転落しようが、立木にぶつかろうが大したことはない。
でも交通量の多い街中は違います。自分だけゆっくり走ることもできないし、逆走したりすれば大事故につながります。
アクセルとブレーキを踏み間違えるような人は、年齢を問わず運転をしてはいけないのでは。
Posted by ずくなし at 2019年05月09日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。