放射線を使う非破壊検査、透過検査は日常的に使われています: ずくなしの冷や水

2019年04月24日

放射線を使う非破壊検査、透過検査は日常的に使われています

NHK2019年4月24日 21時43分
化学工場で作業員被ばく 放射線出す装置が収納されず 山口
山口県にある化学工場で23日、放射線を使って配管を検査していた作業員の男性1人が9ミリシーベルトの被ばくをしました。原子力規制庁は現時点で健康への影響はないとしていますが、今後、医療機関で改めて状態を確認するということです。
原子力規制庁によりますと、23日正午すぎ、山口県周南市にある化学工場で配管に異常がないか、放射線を使って検査していた作業員の男性1人が9ミリシーベルトの被ばくをしました。
作業員は放射線を発する装置が容器に収納されていなかったことに気付き、被ばく線量を確認した結果、明らかになったということです。
放射線を業務で扱う人の年間被ばく限度は50ミリシーベルトで、原子力規制庁は現時点で健康への影響はないとしていますが、今後、改めて医療機関で状態を確認するということです。
作業員が務める検査会社によりますと、新たな検査機器を試験的に利用したため作業員らが手順を誤って被ばくしてしまったということです。
検査会社の「ウィズソル」は「こうした被ばくを二度と起こさないよう適切な手順を検討するなど対策を徹底したい」と話しています。
posted by ZUKUNASHI at 23:51| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ちょっと割りが良いパートがあるよ、とママ友に教えられたのが、ある商品の品質検査の仕事でした。
詳細を聴くと、商品は洋服で、中に針とか金属片とかの混入がないかをチェックするためにX線を通して観るとのこと。
それを、パートの人達は時間中ずっーーーっと行うそうです。
、、で、バイト代1時間1200円。
命を削る代償に、それは安すぎるし、何より危険極まりない仕事なので、仰け反って絶句した記憶があります。
きっと人員募集要項には『誰にでもできる簡単なお仕事です!商品の破損がないかチェックするだけの軽作業!なのに、この高時給』とかなんとか、書いてあるのでしょう。
日常に当たり前に潜んだ恐怖こそ、そら恐ろしいものはないですね。
平常心を保つのにまったく苦労しますわ。。
Posted by R at 2019年04月25日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。