特報! 8年経っても なお内部被ばくの症状 原因はあれだ: ずくなしの冷や水

2019年05月06日

特報! 8年経っても なお内部被ばくの症状 原因はあれだ

友人がこのところ不機嫌でした。温厚な性格で現地調査の時に助手を務めてくれます。

以前、現地調査の際に彼の腕に発赤が出たことがあります。覚えておられる方もおられるでしょう。2015/3のことです。4年前です。

2015年03月14日 発赤、発疹、湿疹、ジンマシン、水疱は内部被曝を疑う

食べ物でも蕁麻疹状のものが出たことがあり、私が被ばく回避のための食べ物の注意事項をうるさく言ったために、その後、特段の皮膚症状は出ていなかったようです。

ところが福島第一原発事故から丸8年経過した2019/3末から皮膚に異常が出てかゆくて仕方がなかったと白状しました。

嫌がる本人を「世のためだと」説き伏せて今日撮った画像がこれです。

かきむしったために表面が荒れています。

私が推定する原因は、絞られます。
外食(レバー料理など)、海産物の佃煮、ちりめんじゃこのふりかけ、乾燥海苔、カレイの煮つけ(加工品)、タラコ、漬物(加工品) です。

彼はタラコが好きでよく弁当に持っていっていたようです。

コメや肉は私の勧めで私と同じものを食べています。野菜も関東産は回避しています。そして果物は野菜としてのアボガドを含め輸入物が多いはずです。

海産物は、彼と夕食を食べるときには、インド洋産のマグロやアフリカ産のタコを出すことがあります。アルゼンチン産のエビ、ノルウェー産のサバ、赤魚も。

私も皮膚症状があり、被ばくが原因と疑われるものもありますが、上の写真のようなかゆみを伴う強い症状ではありません。

この差はどこから来たか? もう申し上げるまでもないでしょう。海産物は止める! 8年経って蓄積するものには蓄積しています。F1からの汚染水の流出、地下の溶融燃料に接した水が海底に噴出して空に雲を作っています。

F1からの放射性物質の放出は続いており、畑に降下しています。国産の野菜は、関東産に限らずどこのものでもよく洗って食べましょう。

こんなのが身体の中にできていたら、発達障害も起きるし、がんにもなるし、原因不明で死ぬでしょう。何の不思議もない。

机の上の空 大沼安史の個人新聞 2019-03-30
〔フクイチ・グローバル核惨事〕◇ フクイチ発「放射能汚染地下水・核燃接触温排水・ホット海洋プルーム 」拡大 /(ネットで話題になると)海上保安庁が21日に「調整」フクイチ放出温排水の「赤」ゾーン、消える / しかし、フクイチ沖から北西に「赤い高温海水域」、広大な広がりで拡散 ◆ アラスカ・ベーリング海のフクイチ発セシウム137海水濃度(下がるどころか、逆に)上昇 ★ 「凍土遮水壁」ブロック破綻? 太平洋死の灰汚染深刻化
 ◆ アラスカ沖のベーリング海・セントローレンス島の海水から2018年、フクイチ由来のセシウム137を検出

 ◆ 2018年8月の採水。立方平方メートルあたり2.4ベクレルのセシウム137を検出 / 前年の2017年は1.8ベクレル ちなみに2014年1.3ベクレル ★ ベーリング海のフクイチ放射能汚染が逆に年々、ひどくなっている!

 ◆ 水モニタリングはセントローレンス島の島民(700人)がアラスカ大フェアバンクス校に協力し、続けてきたもの。フクイチ放射能海洋プルームはベーリング海をも汚染していた! しかも、汚染は増大傾向! ★タンク汚染地下水の海洋投棄処分などもってのほかです 

・・・引用終わり・・・

ベーリング海はスケトウダラの好漁場。タラコはスケトウダラの卵。ベーリング海には汚染が及んでいるはずとみていましたが、7年経っても海水中の濃度が上がっているとは。

太平洋の特に北半球の海産物は、禁忌です。

・・・・・

NKMさんからのコメント

うーん。私にもあります。
私の場合は首です。皮膚が猛烈に乾燥してカサカサになって、皮膚がはがれます。かゆいです。
歯もおかしくなりました。
周囲の人たちからキチガイ扱いされるほどの放射脳なのですが、無頓着な人よりも先に逝きそうです。
ニコニコしている人の方が強いのかも。

・・・引用終わり・・・

この私の友人は痩せていて皮膚も白くて薄い感じなのです。1枚目の写真は、ごみ焼却場からプルームが飛んできてベータ線によって発赤ができたものです。局部的な蕁麻疹も出やすいですね。そして、春には肌が荒れるのが常だといいますが、今回はちょっと違うと本人が自覚していたらしくなかなか打ち明けませんでした。

春は、手指の皮がむける人もいますね。ミネラル分をとったり日光に当たるようにするとバイオリズムが調整されて肌が落ち着くのも早まります。私はこの春は四国産の菜の花をよく食べました。昔はタラの芽とか山菜を好んで食べましたが、今は千葉に住んでいても地元の菜の花は食べません。ほうれん草も小松菜も食べなくなりました。

汚染物の排除のために注意を払わなければなりませんが、一方でこの時期はやはり体が要求するものもありますので、そこは身体の発する声に耳を傾けることが必要でしょうか。

海産物に比べれば野菜はすでに何度も畑を耕起していますので、汚染物の濃度は低下しています。少しずつ安全性を確かめながら食材のレパートリーを広げていくことも必要かと私自身考えています。

「ニコニコしている人の方が強い」ということはあるでしょう。ストレスをうまくいなしていく、生活のすべての面でそういう方向に持っていくことが大事かなと思っています。

・・・・・

2019/5/5に寄せられたコメントを引用する。

同症状私に始まり子供にも。子供のほうがひどいです。汚染地の食品を避け、西日本に移住する際はほぼ捨てました。非常に痒くかきこして色素沈着があります。

思い当たるのは肉以外考えられず。肉のみ中国地方の物です。農薬も避け。化学物質もできる限り排除。給食も食していません。無農薬無肥料の物を日本産は食べ、海外のものはオーガニックか普通に購入。海外製品に反応は見られません。

排除と並行して効果あるものは何かないかと模索しています。戸外も風向き等すべてチェックしてから出ていますが、ときに数時間のズレやなんかで鼻血、悪心につながるため気をつけています。

・・・引用終わり・・・

Sophia's momさん こんばんは
ここは率直に申し上げたほうがよいでしょう。貴家の食品選択に穴があります。
「肉のみ中国地方の物」と書いておられますが、この中には牛肉も含まれますね。
もう一つ、無肥料栽培の野菜について、「無肥料」というのは化学肥料不使用ということだと理解しますが、たい肥などを使っているはずですからそれがどこでできたどんな物を使っているか確認してください。たい肥の産地、あるいは家畜飼料によっては放射性物質の汚染があり得ます。(作物による放射性物質の吸収減という観点からは、化学肥料のほうが好ましいのです)

もし、中国地方の肉に牛肉が含まれるのであれば、これまでの累積による被ばくが積み重なっている恐れがあります。

「風向き等によりときに数時間のズレやなんかで鼻血、悪心につながる」という症状は、内部被ばくの累積を疑わせます。そんな症状に見舞われていた方も最近は改善された方が多いようで、そのような訴えは少なくなっています。

海産物について触れられていませんが、一切おやめになってみることをお勧めします。そして症状が改善してから様子を見ながら例えばモーリタニア産のタコなどから食卓に取り入れるというプロセスを踏むことをお勧めします。

だいぶ暖かくなりました。健康診断の結果を見ながら負荷がかかりすぎないように注意しながらできるだけ汗をかいてみてください。屋外が不安ならスポーツ施設のウォーキングマシンなどを使って始めることもよいでしょう。

激しい運動は避けて、じわり汗をかくことから始めてはどうでしょう。この夏は、化粧もやめて素肌で過ごす。汗をかいたら早めにシャワーや風呂で汗を洗い流す。それが効果があると思います。

NKMさんのケースについては、栄養バランスの偏りが影響しているのではないかと思います。私のようなデブではないでしょうし、食べるものも少ないとなると、栄養バランス、特にミネラル、ビタミンの不足やバランスの悪さがあるのではないかと思います。毎日、野菜の代替または補完としてアボカド1個または半個食べてみましょうか。バナナも産地を選択すれば悪くないですが、アボカドのほうが選択の手間がない。中東産(産地を選ぶ必要はありますが)のデーツなどもよいかもしれません。お茶はマテ茶に変えてみましょう。

そしてNKMさんもウォーキングを始めて汗を流しませんか。

2019/5/6に寄せられたミニィ さんのコメントを掲載する。

同様の皮膚症状は、50歳台の夫のふくらはぎ、そして別世帯の娘のふくらはぎと、ハイハイしていた孫の太ももと手のひらと手の甲に出ました。
娘と孫は、2011年の4月に2週間、関東にいる間でした。しっかり食べ物と飲み物には気をつけていました。
夫は2012年の引っ越しで家の埃まみれになった時です。娘も夫もかきむしって血だらけになっていました。
私も家の埃で強烈な頭痛になったので、彼らの皮膚症状も家の中に入り込んだ放射性物質だったと思っています。
今も継続的に放射性物質を吸い込んでいる関東の知人達が元気(?)なのは本当に不思議です。
私達家族6人だけがカナリヤ体質?

・・・引用終わり・・・

関東のどちらにおられたか不明ですが、2011年の4月といえば、屋内に入り込んだ放射性物質がまだ大変多かった時期です。
2013年04月24日
2011年6月まで私の家にはテルル129mが同居していた

私が掃除機をかけたらほこりが舞ったのでしょうGMサーベーメーターの検出音が一気に高まり、掃除機をかけ終えてシャワーを浴びた後裸でGMサーベーメーターに近づいたら検出値が上がりました。(簡易ホールボディカウンターです)服を着て掃除機を使っていたのですが。
2週間滞在された家の屋内に滞留した放射性物質が特に多かった可能性もあります。そして、生活行動のいかんによってはそれを吸入した恐れもあります。
ご主人は、「2012年の引っ越しで家の埃まみれになった時」に症状が出たとのことですが、掃除機をかけても多くの放射性物質がフィルターを素通りします。(そのため私の家では線量率が上がりました)
とてもいいにくいことですが、2011/4から2012年の引っ越し時まで貴家の掃除のやり方が適切であったか疑問が残ります。
2011年08月29日
自宅の除染のポイント
2011年12月27日
自宅の除染を試みる

私は、上の経験から放射性物質は掃除機のフィルターを素通りだと考え、排気を屋外に出すようにして掃除機をかけました。そして掃除機をかける際には風向きを調べ、福島からの風が来ていないことを確認して南北の窓を全開して風を通し、巻きあがったホコリを屋外に出すようにしました。
それまで使っていたカーペットは、30cm角程度にはさみで切って捨てました。その後は木綿製の足ふきマットしか使わず、しばしば洗いました。
貴家の皆さんが、カナリア体質で他の方より放射性物質、あるいは放射線に反応しやすいということがあるのかもしれません。
ただ、福島第一原発事故により近い時期の屋内の放射性物質汚染は、その後の東京での放射性物質降下量に比べれば段違いに多かっただろうと考えています。ハイハイしていたお孫さんはもうすぐ小学校でしょうか。被ばく症状が出ないかよく見ておいてあげてください。

・・・・・

NKMさんから

そうなんです。
以前にこの記事にあるコメントをした時は、ホの影響かと思っていたのですが、このGW前に気付きました。糖質の多い生活が原因かと。
自分で野菜ジュースをミキサーで作ったりしていましたが、それでも偏食でした。人参とバナナが中心のジュースです。GW中は糖質を減らし、散歩にも行きました。重曹風呂もいいです。これまでの不摂生はすぐには改善されないので、継続したいです。
アボカドも食べています。美味しいです。もうアボカドが主食でもいいです。別の病気になるかも。

・・・引用終わり・・・

糖質制限といいつつも、人参とバナナが中心のジュース! 甘そうですね。
散歩は、目標を10kmに。すぐには難しくてもまだお若いんですから、すぐに目標達成できます。最もカネのかからない健康法です。駅から駅に車の通らない田舎道を歩く。帰りは電車で直帰、シャワーを浴びて食事。なんでもおいしく食べられます。リュックに着替えを入れて。

自転車もいいですけどね。太ももが太くなってかっこよくなります。私のサイクリスト生活は50を過ぎてでした。今から運動をしておくと年を取ってから私のように若く見られます!

重曹風呂は、皮膚に傷があったりすると悪化しますのでご注意を。被ばく対策としては、リスクが大きすぎるようにも感じます。



初出 2019/4/8  追記 5/5 5/6
posted by ZUKUNASHI at 22:53| Comment(11) | 福島原発事故
この記事へのコメント
同症状私に始まり子供にも。子供のほうがひどいです。汚染地の食品を避け、西日本に移住する際はほぼ捨てました。非常に痒くかきこして色素沈着があります。
思い当たるのは肉以外考えられず。肉のみ中国地方の物です。農薬も避け。化学物質もできる限り排除。給食も食していません。無農薬無肥料の物を日本産は食べ、海外のものはオーガニックか普通に購入。海外製品に反応は見られません。排除と並行して効果あるものは何かないかと模索しています。戸外も風向き等すべてチェックしてから出ていますが、ときに数時間のズレやなんかで鼻血、悪心につながるため気をつけています。
Posted by Sophia's mom at 2019年05月05日 23:44
同様の皮膚症状は、50歳台の夫のふくらはぎ、そして別世帯の娘のふくらはぎと、ハイハイしていた孫の太ももと手のひらと手の甲に出ました。
娘と孫は、2011年の4月に2週間、関東にいる間でした。しっかり食べ物と飲み物には気をつけていました。
夫は2012年の引っ越しで家の埃まみれになった時です。娘も夫もかきむしって血だらけになっていました。
私も家の埃で強烈な頭痛になったので、彼らの皮膚症状も家の中に入り込んだ放射性物質だったと思っています。

今も継続的に放射性物質を吸い込んでいる関東の知人達が元気(?)なのは本当に不思議です。
私達家族6人だけがカナリヤ体質?
Posted by ミニィ at 2019年05月06日 16:46
そうなんです。
以前にこの記事にあるコメントをした時は、ホの影響かと思っていたのですが、このGW前に気付きました。糖質の多い生活が原因かと。
自分で野菜ジュースをミキサーで作ったりしていましたが、それでも偏食でした。人参とバナナが中心のジュースです。GW中は糖質を減らし、散歩にも行きました。重曹風呂もいいです。これまでの不摂生はすぐには改善されないので、継続したいです。
アボカドも食べています。美味しいです。もうアボカドが主食でもいいです。別の病気になるかも。
Posted by N K M at 2019年05月06日 22:39
ありがとうございます。本当に大きな穴です。選んでいたつもりでした。食していたのは豚肉だけですが・・・
Posted by Sophia's mom at 2019年05月07日 10:41
豚肉だけですか。海産物なし。
これは難しい。今日はこれから外出しますので、後でメールを送ります。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年05月07日 11:01
私が呼気被曝して激しい頭痛になったのは、避難して半年ぶりに関東の家に帰り、雑巾で家中を拭き掃除した後です。
家は男ばかりいましたが全く掃除してなかった!のですね。
モップだったらここまで酷く吸い込まなかったかもしれません。
ガンガンとした頭痛が3日間続き、くも膜下出血で死ぬかもしれないと思ったほどです。
その後も心臓のバクバクと肺からの咳が半年続きました。この影響は数年後に何かあるかなと思っていました。
実は7年経ってから体調が悪いです。
娘と孫は、やはり1ヶ月半ほど避難して帰った家でのことです。やはり娘の夫も掃除してなかったんですね。
娘と孫は毎年の甲状腺検査や血液検査でも異常はありません。
関東に残った娘の夫は亡くなりました。彼は食べ物だったと思います。
Posted by ミニィ at 2019年05月07日 20:46
私は2011/7になって初めて掃除しましたが、それまでは、極力ホコリが舞い上がらないよう、静かに動きました。寝るのはベッドでした。当時は、家の外の大気中にも放射性物質が多いので窓を開けないほうが良いと思っていたのです。今考えればとんでもない間違いでした。戸を開け放たず、窓もベランダへの出入り以外には開けないようにしていたのですが、屋内にそんなに大量の放射性物質が入り込んでいたとは知りませんでした。
当時実践的、実際的な対処方法の情報は決定的に不足していました。拭き掃除を推奨した方はおられましたが、掃除機の使い方の注意を見かけた記憶はありません。一般人の中には、サイクロン方式の掃除機がいいとする方もいて、私は自分の経験から大いに疑問に感じたことがあります。
娘さんとお孫さんは、異常がなくて何よりです。義理の息子さんが亡くなられたとのこと、無念と言うしかありません。お悔やみを申し上げます。
Posted by ずくなし at 2019年05月07日 21:09
そうなんです。人参バナナジュースは糖質高そうです。
以前はこのジュースに加えて、ご飯やパンを食べていました。
GWから、ご飯とパンをやめています。これまでの生活が糖質まみれだったので、ちょうど良くなったと思います。
休み明けに久しぶりにスーツのズボンをはいたら、ウエストに少し余裕があることに気付きました。
ホを気にして食べられるものが減り、311以降は少食になっていたのですが、そのうち1日1食でもいいです。
エンゲル係数も下がるかも。
Posted by N K M at 2019年05月08日 00:34
えっ、えっ、私とNKMさんは、兄弟のような体形なの?
若いのに気の毒にねぇ。
あまり急進的な改革は反対派のクーデターにあう恐れがありますから、じわじわとじっくり進めましょう。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年05月08日 01:11
体型は細いんです。
健康診断のたびに、これ以上痩せるようなら病院へ、と言われます。
しかし、最近はお腹まわりに指でつまめる「何か」があります。
砂糖を含むものや炭水化物を減らすと、お腹が減りますが、お腹の周りのものも減ることがわかりました。
Posted by N K M at 2019年05月08日 01:57
運動不足ですね。運動すれば、贅肉がつかずに筋肉がついて超格好良くなります。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年05月08日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。