ミューラーレポート、ゴランの帰属問題など大きなニュース: ずくなしの冷や水

2019年03月27日

ミューラーレポート、ゴランの帰属問題など大きなニュース

2019/3/24、米国司法省が議会に書簡を送付し、ミューラー レポートによるとトランプの選挙陣営がロシアと結託していた証拠がないと報告した。

これを受けて米国のMSMや民主党は大慌てとなりました。


一方、トランプは、3/25、イスラエルが占領しているシリアのゴラン高原をイスラエル領と認めると宣言。

RT2019/3/26
The US president signed a declaration on Monday recognizing Israel's sovereignty over the disputed Golan Heights. Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu, who was present at the signing ceremony, praised Trump's unilateral move, comparing the president to biblical and Zionist heroes. But reactions among the international community – including Washington's closest Gulf and European allies – were considerably less enthusiastic.

もう1件、ロシアのタス通信が伝えていますが、ウクライナのセキュリティサービスの元職員ワシリー・プロゾロフが2019/3/25にモスクワで会見し、マレーシア航空MH17便の墜落事故にウクライナ側が関与していたとの見解を発表しています。
TASS
The Ukrainian side was involved in the MH17 flight disaster over Donbass, a former officer of the Ukrainian security service SBU, Vasily Prozorov, told a news conference on Monday.

ロシアに亡命した元職員の発言で具体的な証拠は示されておらず、この元職員が自分の見方として伝えたものです。

もともと、ロシアはMH17便の墜落はミサイルによるものではなく戦闘機によるものだとの見解を示していたので、それと整合します。

しかし、亡命者の発言であり信憑性には議論がありうることからモスクワはこの発言についてプレイアップを控えています。

TASS2019/3/26
Kremlin mum on former Ukrainian security officer’s statements
Earlier in the day former employee of the Ukrainian Security Service Vasily Prozorov made a number of statements at a news conference in Moscow

このようなウクライナからの亡命者、出稼ぎ者は多く、ウクライナの人口は激減しています。ワシリー・プロゾロフの会見は、ウクライナ国内の混乱を改めて印象付けるところとなりました。

ウクライナ大統領ポロシェンコは、再選を狙っていますが、どうも不確実なようで大統領選に敗れれば、国会議員に立候補するとされています。ポロシェンコはチョコレート菓子会社の創立者です。日本でも売られているそうです。

2019年03月05日
これはおもろい そのチョコレート カイライの味がします?

国が壊れれば、よそに出るしかない。日本でヘイトが荒れ狂っているのは、国が壊れ始めているからだと思います。中年層の右傾化、近隣国差別が激しくなっています。もうつける薬はない。彼らが死ぬまで変わらないでしょう。

どこかの国に逃れて暮らしていくことを迫られた場合、どこに行くか。人口の収容力のあるのは、中国であり、韓国(北朝鮮)、そしてロシアの沿海州などの極東部です。

まずは、子供が差別主義に毒されないよう気を付けましう。英語はもちろん必要ですが、中国語、韓国語、ロシア語、どれも役に立つことがありそうです。

ヘイトスピーチなどに惑わされている暇はありません。
posted by ZUKUNASHI at 11:35| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。