千葉県警事件ファイルから 世の中が物騒になっている: ずくなしの冷や水

2019年04月15日

千葉県警事件ファイルから 世の中が物騒になっている

管理人は、自分の住む県が不穏になってきていると感じて千葉県警事件ファイルを見ています。

今 千葉が不気味 セシウムは合成麻薬と同じ効果?

昔から見ていたわけではないので以前との比較は別途の資料を参照する必要がありますが、容易に気づくことは次のような点です。

@ 酒気帯び運転が多い。
A 生活困窮をうかがわせる無銭飲食や窃盗
B 遺体発見が多い
C 親族の間の暴力・殺人事件
D 高齢者が加害者となる自動車事故が多い
E 外国人の不法残留などによる逮捕事件が多い。
F 鉄道の人身事故が多い

こんなことは当事者で交渉して解決するんじゃないのかな、という感じのトラブルがすぐ逮捕に結びついている。

気を付けないといけないのは
A 交通事故にあわないようにする。
B 夜間の外出を控える。
C 店舗などでトラブルが起きないようにする。
D 犯罪とみられる不審な状況の場所からは速やかに去る。
E 訪問者に慎重に対応
こんなところだろうか。

これからも年金が減ったり物価が上昇するだろう。消費税も上がる。生活防衛をさらに進めないといけない。

2019/4/14は京成電鉄で2件の人身事故が起きています。

・・・・・

匝瑳市の堀川浜での遺体発見事例が私の目を引きました。
・2019年2月27日午後3時40分頃、匝瑳市堀川の海岸砂浜で、海岸を散策中の男性が年齢性別等不詳の白骨死体の一部(下顎骨)を発見
・2019/3/10、千葉・匝瑳市の海岸堀川浜に全裸の男性遺体
このうちの2番目の事件は、見方によっては警察への挑戦とも見えます。

この地域は、近年交通の便が大きく改善されました。富里で高速を降りれば1時間弱で海岸に着きます。高速を使って横芝光町まで行くこともできます。


この辺りの海岸は砂浜に車を乗り入れできるほどに便が良いところも多いです。この堀川浜には駐車場付きの便所もあります。


上の全裸で見つかった男性は身長175cm中肉ですから一人で遺体を運ぶのは難しいでしょう。複数の人間が車で運んできて海岸に遺棄していったものとみられます。警察は溺死の線も検討しているようですから本人がまだ暗いうちに全裸になって海に入ったことも考えられますが、それなら脱いだ服や靴が残されているはずです。車で来た人なら車も残っているでしょう。身元判明は容易なはずです。

2018/8に大網白里の海岸で見つかったバラバラ遺体は、歯の治療痕で身元が判明しています。上の男性も歯の治療痕があれば歯科医に照会して身元が判明する可能性がありますが、それがない場合には身元を把握することが困難になるかもしれません。

この遺体が遺棄されたものであるとすると、関係者にはかなり悪知恵のある者がいたと思わざるを得ません。身元に結び付く証拠品を残していない。

この海岸は上に述べたように車でのアクセスが容易です。遠方からでも成田インターや富里インターを使えば高速道路を降りて1時間かからずに海岸に到着します。高速道路の出口では、車のナンバーを記録しているでしょうが、数が膨大で調べきれるのか。大変な作業でしょう。

高速から海岸までの間に走行する車両のナンバーを記録する装置があったとしても、回り道は多いです。

自動車ナンバー自動読取装置の設置場所を調べてみました。やはり冨里で降りれば、主要道を通っても2か所を回避すれば、海岸まで出ることができます。


てがかりがないよう全裸にして遺棄するのであれば人気のない農道脇でも同じように思いますが、遺棄しているところを見られる恐れが強いということ、それに自動読取装置の設置場所を避けることが難しいのかもしれません。

調べていて、遺体遺棄の場所、時刻をよく調べて選んだものだと感じました。

外傷もないとされていますから交通事故で亡くなった方の遺体ではありません。事故で亡くなった人の遺体を遺棄するのに、短時間でこの場所を選定するのは難しいです。

死後時間が経過していないとのことですから、これは計画的な殺人・遺体遺棄事件の可能性が高いです。

2018/1に成東(山武市)まで調査に行きましたが、電車の本数は少ないし人の数も同じく少ないです。匝瑳市は山武市の北です。夜間、特に海沿いの地域の車両の通行量はわずかでしょう。関係者はそこまで調べています。GoogleMapだけではなく、実際に現地を知っている人たちではないでしょうか。

昔は、遺体に重りを付けて海に投げ込むという例も少なくありませんでした。裸にして遺体を投棄する、運ぶところを目撃されないようにするという点でよく練られています。暗い海岸は未明に投棄するには都合がよいと考えたのでしょう。

この事件、今後どう展開するかわかりませんが、影響を考えるととても怖い気がします。周到であるだけに。

千葉県警は、次々と遺体が見つかり大変だと思います。遺体の収容に始まり、検視、捜査と質的にも量的にも大変な作業をしょわされます。警察官が誰よりもこのような事件が減るようにしてほしいと願っているのではないでしょうか。

堀川浜の全裸遺体発見事件からもうすぐ1か月になります。続報がありません。捜査は難航している? 匝瑳市は事件の多いところのようです。

一人暮らしで他の人と日常的な接触のない方、外国人で日本に働きに来ている方などは、特に警戒が必要です。失踪の届け出もされにくく、身元の確認が難しい例が多くなるでしょう。誰かと定期的に連絡を取るようにしたほうがよいでしょう。

あらかじめ登録していただけば、このブログの安否確認用の記事に毎日コメントを入れていただくこともできます。
「皆さんおはようございます A−22」のような形で書き込んでいただけば、書き込みが途絶えたらあらかじめ登録された連絡先に管理人から連絡をいたします。

山武市のスーパーウッド殺人事件も続報がありません。通り魔の犯行とは見られませんから、犯行後犯人がその辺に潜んだり、徘徊しているなどということはないでしょうが、犯人が捕まらないのはちょっといやですね。(2019/4/15現在、山武市の件も匝瑳市の件も続報がありません。)

今は低廉な器械で24時間モニタリングシステムを作ることができます。

スティックパソコンに小型カメラをつけて1万5千円ほど。1分に1回画像をキャプチャーすると24時間で1,440枚。1枚1MBに抑えれば全部で1.4GBですからSDカードに1週間分くらいの画像は保管できます。モバイルルーターと組み合わせてサーバーにアプロードする方式なら犯人が後でカメラに気づいて引きちぎっても画像は残ります。
posted by ZUKUNASHI at 12:42| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
チェルノと同じことが、正に今、日本で起こっていますよね。。
隣人との諍い事で殺傷沙汰など。。
兄弟喧嘩の挙句に、肉親を殺すとか。
現実にチェルノで懸念され、チェルノで起こった事が、日本でも起こってます。
これが脳の内部被曝の影響でなく、一体なんでしょうか?
園の保護者も、極端に独善的な人だったり、極端にスピリチュアルに傾倒してる人だったり、、個の肥大化なのか、思考停止なのか、機能低下なのか、原因はわかりませんが、総じて人格崩壊しているな〜と思う人が沢山います。
9年目で顕著になってきましたが、これもっと前から体感として起こっているのがわかりました。。
自分も、自分の抑えきれないイライラに翻弄される日々でしたから。。
Posted by R at 2019年03月25日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。