パーキンソン病患者はじゃ香、アルツハイマー病患者はバニラ、がん患者は土のにおいがする: ずくなしの冷や水

2019年03月21日

パーキンソン病患者はじゃ香、アルツハイマー病患者はバニラ、がん患者は土のにおいがする

RT2019/3/20
A former nurse who can smell the “musky odour” of Parkinson’s disease has helped scientists develop a new test that can detect the condition before symptoms appear.

People with a heightened sense of smell have reported a musky odour from patients with Parkinson’s disease, and “super smeller” Joy Milne, 68, from Scotland claims she first noticed the smell on her husband, Les, 12 years before he was diagnosed with the condition.

Milne didn’t learn of her super-smelling talents, until she attended a Parkinson’s support group with her husband and found everyone had the same distinct odour.

Milne mentioned the strange revelation to neurobiologist, Tilo Kunath, who studies Parkinson’s at Edinburgh University.

Kunath tested Milne’s skills by having her sniff a series of t-shirts worn by Parkinson’s patients and healthy people, in which she identified all confirmed cases and one other ‘healthy person’ who she said had the same scent. Eight months later that person was diagnosed with the disease.

Together with Perdita Barran, of the University of Manchester, the pair worked to identify the compounds that make up the distinctive odour and develop their non-invasive screening test for early detection. Their results were published in the journal ACS Central Science.

Barran said early detection is crucial when treating Parkinson’s disease, which can often be hindered by confusion between natural brain digresion due to aging, and the neurodegenerative disorder.

Scientists are now testing the technique on a group of people taking part in a sleep study in Austria after people with rapid eye movement (REM) sleep deprivation disorder were previously found to have a 50 percent risk of developing Parkinson’s in later life.

It’s hoped the test could help doctors diagnose and treat the disease at its earliest stage, meaning more patients could avail of experimental drugs that can protect brain cells from being eroded by the disease.

Milne, who says Alzheimer’s also has a vanilla-like smell, and cancer has an earthy odour, is now working with researchers to identify an odour associated with tuberculosis.
posted by ZUKUNASHI at 01:05| Comment(4) | 健康づくり
この記事へのコメント
おはようございます。
匂いとは不思議で、色々な状態の表現の一つのようです。
病気の匂い、ありますね。
病院へ行ったり、また介護施設で働いていると医療機器などとの匂いとは別に、人々のそれは前から気になっていました。記事で拝見すると、あぁ〜なるほど、と。
会社でも病気の人がしばらく座って居た場所からも匂いがしてきます。
ちなみに悪霊も匂いがあります。やつらは一様に排泄物の匂いです。"クサイぞー!"と言うだけで"バレた"となるのか、そこからいなくなります。みていると排泄物の匂いを引き連れて歩いている人間も多いです。
Posted by Saito at 2019年03月21日 06:48
日本でも、恋人の体臭が自分の仕事してる病院の癌患者さんと同じにおいがすると言って、癌を早期発見した話がネットでも出てましたけど、癌の発見に犬を使って匂いを嗅がせる検査もあるようです。
癌患者さんは体内がものすごくカビているらしいので、土のにおいってなんとなくわかる気がします。古い木造住宅もそういう土だかカビだかのにおいがします。放射能はカビと結びついて増殖するので、食べて応援なんて本当に恐ろしい世界だと個人的には思いますがね。
Posted by 通りすがりの主婦 at 2019年03月21日 09:23
「放射能はカビと結びついて増殖」するというのは新説です。
カビが発生場所に付着していた、あるいは含まれていた放射性物質を吸い上げるということはあると思いますが。

Posted by ZUKUNASHI at 2019年03月21日 09:42
チェルノブイリ原発事故の際に、アルバートアインシュタイン医科大学が研究を行い、メラニン色素を含み、ガンマ線を成長のための化学エネルギーに変換するカビが三種類ほど見つかっていたようです。通常の500倍の放射線を照射するとカビが劇的に成長したそうです。今の日本はカビが生えやすい環境にあるので、生活圏からカビを追い出す工夫を常にしています。
Posted by 通りすがりの主婦 at 2019年03月21日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。