地震が続く台湾 放射性物質漏れか: ずくなしの冷や水

2019年03月16日

地震が続く台湾 放射性物質漏れか

台湾で地震が続いているようです。
時刻    マグニチウド
03/16 08:45 4.5
03/15 23:55 3.5
03/15 01:17 3.1
03/14 05:07 4.6
03/13 23:45 3.7
03/13 12:32 5.2
03/13 04:19 5.1
03/12 22:27 3.8
03/12 11:53 4.0
https://www.cwb.gov.tw/V7e/earthquake/quake_index.htmから

2019/3/15の未明、台湾北部の広い地域で空間線量率が上昇しました。


◎、〇は大きく上がっているところ。△は小幅上昇、×はほとんど目立たないもの。風が北東方向から吹いたためとみられます。




沖縄の与那国島で空間線量率が上昇することが多くなっています。最近では、2019/3/7から沖縄で線量率が上がっています。3/7夜の段階では小幅でしたが、3/8未明にかけて大きく上がりました。


石垣、沖縄本島も上がっています。


台湾の原子力発電所 Wikipediaから

第一

第二


2019/3/15の放射性物質の放出は、1号機か2号機です。廃炉作業がどこまで進んでいるか不明ですが、これからも放射性物質の放出は続くでしょう。廃炉作業で放射性物質が出ないということはありません。

地震との関係は不明です。3/15未明の地震の震源地は台湾の中央部でした。

どうぞご注意を!

朝日2016年10月22日21時03分
台湾が原発全廃へ 福島第一事故受け、25年までに停止
 台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権が2025年に「原発ゼロ」にすることを決め、行政院(内閣)は、再生エネルギー事業への民間参画を促す電気事業法の改正案を閣議決定した。太陽光と風力発電を中心に再生エネの割合を20%まで高めることを目指す。東日本大震災後の反原発の民..

2018年07月09日
台湾の原子力利用を巡る動き 原発全廃へ 保養・移住の候補地に急浮上
posted by ZUKUNASHI at 15:27| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。