イランはもうすぐ正月: ずくなしの冷や水

2019年03月15日

イランはもうすぐ正月

イランで正月を迎える準備が始まりました。

これは何で何に使うかわかりますか?

これは金魚です。食べ物ではありません。正月に小さなガラス鉢に入れて飾るのです。北にカスピ海、南にペルシャ湾がありますが、水産物は種類、量ともに少ないでしょう。珍しいものだったのではないでしょうか。

こちらは猫草のような何かの新芽だと思います。正月の飾りでしょう。

日本で松飾を飾ったのと同じですが、こちらのほうがエコでよい。
posted by ZUKUNASHI at 13:55| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。