放医研の明石真言理事 官邸に「疫学調査不要」: ずくなしの冷や水

2019年02月20日

放医研の明石真言理事 官邸に「疫学調査不要」

東京新聞2019年2月18日 朝刊
官邸に「疫学調査不要」 福島原発事故で放医研理事
東京電力福島第一原発事故後の二〇一一年四月、国の研究機関・放射線医学総合研究所(放医研)の明石真言(まこと)理事が福山哲郎官房副長官(当時)に、住民の疫学調査は不要と進言していたことが分かった。原発事故の疫学調査では一般的に、多発が心配される甲状腺がんの患者数や分布を調べ、放射線の影響を分析する。しかし、国は本格的な調査に乗り出さず、福島県が「県民健康調査」を始めた。 (榊原崇仁)

 甲状腺がんの原因となる甲状腺内部被ばくの測定も、国は千八十人で終えていた。明石氏はこの測定を問題視しなかった上、甲状腺がんの状況も調べなくてよいと提案したことになる。

 本紙は、同年四月二十六日に明石氏らが福山氏と首相官邸で面会し、住民の被ばくについて説明した会合の議事概要を情報開示請求で得た。文部科学省が作成し、放医研が保有していた。

 それによると、経済産業省の幹部が「論点として疫学調査の必要性の有無があろうが…」と切り出し、明石氏が「住民の被ばく線量は最も高くても一〇〇ミリシーベルトに至らず」「(疫学調査は)科学的には必要性が薄い」と述べていた。

 明石氏は現在、量子科学技術研究開発機構執行役。取材に応じ、「健康影響が確認できる基準は一〇〇ミリシーベルトと理解していたが、外部被ばくは原発の正門付近の空間線量からそこまでにならないと判断した。甲状腺の内部被ばくは国の測定で線量が高い人でも五〇ミリシーベルト、一〇〇ミリシーベルトにならなかったはず」と説明。「必要性が薄い」と判断した理由に、平常時との差が確認できるほど病気が増えると考えにくかったことを挙げた。

 放医研は文科省所管で一九五七年に発足した。緊急被ばく医療体制の中心的機関として位置付けられ、福島の事故では官邸や各省庁の助言役として活動。国が疫学調査をする場合は、実施主体になる可能性があった。国がこの調査をしなかったのは、放医研が否定的だったことが影響したとみられる。

・・・引用終わり・・・

放医研の明石真言理事が疫学調査の必要がないと述べていた。明石真言氏は私の目からは見送り人に見えていました。核利用関係機関の内部的な事故などで被ばくし、放医研に送られた人の病状について同氏が会見で説明することが多く、楽観的な見方がされるとともに個人情報だとしてその後の消息が分からなくなることが多いからです。

多くの日本人が健康悪化の原因を知ることもなく見送られたとみることもできます。

この方です。

2016.2.20 放射線医学総合研究所福島復興支援本部いわき出張所 開設記念講演会からキャプチャー

※ 島薗進 @Shimazono氏の2019/2/18のツイート
島薗進さんがh■m■■k■(秘密保護中・反戦争法案)をリツイートしました
放医研とはどのような機関か?放医研は国連科学委員会に代表を送る組織でもある。その国連科学委員会(UNSCEAR)は当初から政治性の強い組織。放医研は「医学」を掲げているが原子力開発と不可分の国策的な組織。厚生省ではなく科学技術庁所管だったのはなぜか?https://togetter.com/li/1306041

※ 金子勝認証済みアカウント @masaru_kaneko氏の2019/2/18のツイート
【放射線ムラは犯罪的だ】福島原発事故後、放医研の明石真言理事が福山哲郎官房副長官(当時)に、住民の疫学調査は不要と進言していた。甲状腺がんの状況も調べなかったが、277名も発生している。原発を続けるためには、データ隠し、ごまかしが横行。原発とともに滅びる日本。

※ 添田孝史 @sayawudon氏の9:42 - 2019年2月18日 のツイート
そもそも被曝量が十分わかっていないのに「健康影響は無いだろう」と疫学調査をしないよう進言する放医研の明石氏。津波再検討の実質先送りを規制対象・東電との二者密談で認めてしまった国の審議会委員(東北大・今村文彦氏)。我が国の「科学的助言」の実態は、なかなか怖い。

※ 白石草 @hamemen氏の13:22 - 2019年2月18日のツイート
明石氏は、原発事故の健康影響に関するあらゆる会議の委員なのだけど、事故後のスクリーニングやヨウ素服用や計測などの対応全てに関与している人なので、そもそも利益相反だと思ふ。

※ T−T @tcy79氏の2019/2/20のツイート
これは100mSv安全論で住民の被曝調査をさせなかったひと。

SYNODOS / シノドス2018.05.12 Sat
UNSCEARの報告はなぜ世界に信頼されるのか――福島第一原発事故に関する報告書をめぐって
明石真言氏インタビュー / 服部美咲

※ T−T @tcy79氏の2019/2/20のツイート
シノドスは早野さんのも含めて放射能安全論をいま全力で繰り返しツイートしてる。やはりPAだな。

・・・引用終わり・・・

明石真言氏が出てくるこのブログの記事

2017年07月10日
日本原子力研究開発機構・大洗被爆事故の作業員3人が再々入院

2017年06月12日
日本原子力研究開発機構被爆事故 体表面の汚染を内部被曝と間違えた?? そんなことはありえない

2017年06月09日
アルファ線源の大量内部被爆 極めて重大な事故 日本原子力研究開発機構 1

2017年06月08日
アルファ線源の大量内部被爆 極めて重大な事故 日本原子力研究開発機構 2

その他、放医研の名前が出てくるもの

2019年01月29日
福島県に関する情報に注意! 正視できない状況になっていくと思います

2019年01月26日
11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後  反応

2019年01月22日
11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後

2018年09月28日
今日の放射能備忘録 177

2018年05月18日
あの方たちはどうされているだろう

2017年11月30日
今日の放射能備忘録 164

2017年08月05日
米学者:プルトニウムの吸入・摂取に安全量はない 放医研見解とえらく違うぞ ハンフォード事故
posted by ZUKUNASHI at 19:11| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
う〜〜〜む。
このような風体の方が、こちらへどうぞとにこやかに扉を指し示したら、喜んでその戸口に入ってしまう。
その戸口が、地獄への入り口とは!!
ヒトを見る目を鍛えなくては!!
原発事故時、政府判断を左右する助言を与える組織が、これとは!!
放医研の意見を聞いた政策は、全部見直す必要があると、感じました。
貴重な情報をありがとう。
Posted by い at 2019年02月18日 14:57
放医研はJR稲毛駅から近く、正門はとても立派な構えです。
そして北側に駐車場を兼ねているらしい広い通路があります。
そこから出入りすれば目立たないようになっているんだと、勝手に憶測しています。
Posted by ずくなし at 2019年02月18日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。