音楽配信サービスのソフトがインカメラを作動させてカスペルスキーがブロック: ずくなしの冷や水

2019年02月09日

音楽配信サービスのソフトがインカメラを作動させてカスペルスキーがブロック

2019/2/3に寄せられた投稿を掲載する。引用開始。

私もカスペルスキーを最近入れました。 今のところ異常なしです。

カスペルスキーは、パソコンの内側カメラが(アプリによって)勝手に起動するのを防いでくれます。 SpotifyとScansnapが、起動してもいないのに何故かインカメラにアクセスしようとしたらしく、カスペルスキーが止めてくれました。

これらのアプリの設定画面では、カメラの使用についての項目は無いので、いつどこでスパイされているやら分かりません。 私は以前からカメラにシールを貼っているので、写っても真っ暗だと思いますが。

George Orwellの「1984」にあるテレスクリーンを、現代人は一人一台持っていることになります。

霞ヶ関に真理省が蔓延し、国営放送では「二分間憎悪」が流されています(ウチにはTVがないので不明ですが)。

ビッグデータとAIの組み合わせで、ビッグ・ブラザーになります。
これからそうなるのではなく、既にそうなっていると思います。

・・・・・

2019/2/9追加分

どうやらWebカメラだけではなく、画面そのものが丸見え・筒抜け状態のようです。
https://techcrunch.com/2019/02/07/apple-glassbox-apps/

Appleはすぐに辛口の対応をしたようですが、Googleはそうでもないような。

アンドロイドは気をつけなければいけません。

・・・引用終わり・・・

Spotifyというのは、有料のデジタル音楽配信サービスのソフトですね。

ScanSnap(スキャンスナップ)というのは、富士通のモバイルスキャナーのことですよね。

インカメラで撮った画像をScanSnapの画像化プロセスを使って画像化して・・・どこに送ろうとしたんでしょうね。

どこの会社も個人情報を集めようとなりふり構わない感じですね。

ノートパソコンをお使いかと思いますが、ノートパソコンにいろいろソフトを詰め込むのは危険もありますね。ある程度機能を分けたらよいかと思いますが。スキャンやプリントは古いノートパソコンでも可能では? 

・・・・・

はい、アンドロイドスマホがいかに筒抜け状態かは繰り返し警告してきました。

皆さん品行方正で、私のように怪しいことはやっていないからご心配ないでしょうけど。でも、パソコンの中の画像はしっかり覗かれている可能性が高いです。

海外のメディアや言論人が発する情報は無視しないほうが良いです。Windowsの更新ソフト1803でパソコンが起動しなくなる問題も海外から入ってきました。管理人が気付いたものはその都度掲載しています。

2019年01月13日
アンドロイドアプリにご注意を

2018年12月08日
Facebookがアンドロイドを使って個人データ収集

2018年11月03日
アンドロイドスマホは個人情報収集機器

2018年08月26日
GoogleのアンドロイドはAppleのiOSよりも10倍多くデータを収集している

2018年08月18日
アンドロイド携帯はロケーション履歴をオフにしていても位置を記録 豪州少年がアップルのメインフレームをハッキング
posted by ZUKUNASHI at 19:49| Comment(2) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
Windowsがやたらと「更新」するのも、パソコン内部の情報をどこかに送信しているとか⁈
Posted by N K M at 2019年02月10日 00:31
その可能性がないわけではありませんが、WINDOWSはバックドアがあるようですし、どのパソコンからもデータを取るのは無駄でしょうね。
更新の時にMicrosoftのアカウントを把握できますから、メールアドレスとIPアドレスを結びつけるのは容易ですね。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年02月10日 00:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。