神奈川県下にお住いの方は 甲状腺の定期的な検診を: ずくなしの冷や水

2019年02月07日

神奈川県下にお住いの方は 甲状腺の定期的な検診を

管理人は、人口動態統計のデータや事例情報から、神奈川県下にお住いの方に相対的に強い健康被害が生じているとみられることから繰り返して警告してきましたが、8年が経過し成人でも甲状腺に異常の恐れが指摘される方も増えているようです。

早い時期に、落合克宏平塚市長(55歳・男性)は、甲状腺腫瘍摘出手術のため2012/10/15から10/19まで5日間公務を休んでいます。

米国防総省による被ばく量推定値から大人について主要地点の被曝量を見る。全身と甲状腺の二つが推計されています。

甲状腺の被曝量は左軸、全身は右軸で、左軸の目盛りは右軸の10倍になっている。

図1


この推計値は、2011年3月12日から2011年5月11日までの60日間、24時間外で過ごし、常に高い身体運動量とそれに応じた呼吸量を伴いつつ、放射線が計測された水、土壌などにさらされて生活したとの仮定での最大被曝推計値とされている。

上の推定値で神奈川県下の厚木については、大幅な過小推定となっているのは確実のようです。2011/3/15の早朝からの放射性ヨウ素がセシウムより多かったとみられるプルームが神奈川県の中央部を通り抜けましたし、3/15の深夜から3/16朝にかけて埼玉西部辺りに滞留していたプルームが東と南に広がりながら流出しています。

その際に相模川に沿った地域をプルームが流れ、時間的にも長く、地表面濃度も高かったのではないかとみられます。

残念ながら個人ごとの生活行動の違いによる差はあっても、ほとんどの神奈川県民が放射性ヨウ素の吸入による内部被ばくを受けていると考えざるをえません。

そのように想定しないとここに来て次の地域の人口動態指標がおしなべて悪化していることの説明がつきません。

神奈川16 厚木市 0.94 1.07 -0.13 -0.25 -0.38
東京23 町田市 0.94 1.04 -0.10 -0.29 -0.38
福島1 福島市 0.94 1.03 -0.09 -0.22 -0.32
茨城3 取手市 0.96 1.01 -0.05 -0.26 -0.31
神奈川8 青葉区 0.96 1.06 -0.09 -0.21 -0.31
東京25 青梅市 0.93 1.02 -0.09 -0.22 -0.30
神奈川14 相模原市 0.99 1.04 -0.05 -0.25 -0.30
神奈川17 小田原市 0.95 1.03 -0.08 -0.22 -0.30
神奈川6 保土ケ谷区 0.94 1.00 -0.06 -0.22 -0.29
神奈川11 横須賀市 0.96 1.03 -0.07 -0.22 -0.29
神奈川13 大和市 1.00 1.04 -0.05 -0.24 -0.28
(大和市などは人口流入があるとみられ、出生率が改善して指数悪化は緩やかになっています)

セシウム濃厚汚染地域は、取手市など茨城3区にみられるように他の地域より先行して指数が悪化しましたが、このところ神奈川県下の地域にワースト上位を譲るところとなっています。

これはセシウムの即効性によるものと思われます。ヨウ素の影響発現には時間がかかります。甲状腺がんはこれから多発するでしょう。

2018年10月13日
神奈川県下にお住まいの方に改めて甲状腺疾患の警告をします

2019年01月22日
神奈川県の人口動態悪化が強いのはこれだろうか


2018年12月05日
神奈川の人口動態が悪い原因はこれか

2016年04月11日
神奈川県下にお住まいの読者の皆様へ

2016年04月10日
神奈川県下にお住まいの読者は今が正念場です


※ sivad @sivad氏の2019/2/7のツイート
津金さんは「放置しても無害」という過剰診断論と、実際に進行している症例との明らかな矛盾のために、「できては消える無害ながん」という珍説を唱える羽目に陥っていますね。

毎日新聞2016年3月7日 東京朝刊
福島・甲状腺検査 子のがん「多発」見解二分 過剰診断説VS被ばく影響説
過剰診断説「無害なもの発見」VS被ばく影響説「原発近くで増加」
 東京電力福島第1原発の事故後、福島県民の健康調査の一環として県が実施している子供の甲状腺検査で、昨年末までに166人が甲状腺がんやがんの疑いとされた。有識者でつくる県の検討委員会は全国的な統計に基づいて推計される患者数に比べ「数十倍多いがんが発見されている」と指摘。検討委や環境省は「放射線の影響とは考えにくい」としているが、専門家の間でも意見が分かれる。議論の争点や、患者の治療の現状を探った。

・・・引用終わり・・・

この毎日の記事に付された比較表をご覧ください。
posted by ZUKUNASHI at 11:22| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
映画監督の園子温さん救急搬送 心筋梗塞か

http://news.livedoor.com/article/detail/15989328/

・・・映画監督の園子温さんが、病院に救急搬送された。心筋梗塞の疑いがあるという。


本当は、こういう事例が多いのでしょう。
心臓の筋肉に影響が出ると心筋が動かなくなることから心筋梗塞になるとか。
Posted by きんこんかんこん at 2019年02月07日 20:26
57歳ですか。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年02月07日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。