そりゃ カネも払わないで田舎から野菜を送ってもらうわけにはいかないよね: ずくなしの冷や水

2019年01月15日

そりゃ カネも払わないで田舎から野菜を送ってもらうわけにはいかないよね

2019/1/14は、好天で風もそれほどありませんでした。放射性物質が降って来るような来ないようなおかしな雰囲気でしたが、放射能で死ぬか肥満で死ぬかを天秤にかけて出かけました。

行先は、放射能の低い地域、今回は駅の南側の住宅街にある公園をいくつか回る予定。

最初に有吉貝塚公園、正午を少し過ぎたころ、日差しが強く寒くありません。ここは高台で南の街並みが見通せます。


後ろの木立の中に神社があります。晴れ着の娘さんを見かけました。


南西の東京湾の方向を見たところ。とても開放感のある場所です。


ここを降りて小川のある遊歩道を歩きます。景観はとてもよく整備されています。


この日は連れがいましたので所々で放射能を測定してみました。コンクリートつくりの階段の表面直置き0.17μSv/h。

私たちが測定しているのを見て若い母親が寄ってきました。何を測っているのかと。放射能を測っていると答えると有料で(カネをもらって)やっているのかと問います。

こんな測定にカネを払う人はいないでしょう、と答えたものの、後で考えるとなかなか面白い、鋭い発想をする方です。実際、使っていた測定器は読者の寄付で購入したものですし、ここまでの旅費もできれば寄付で賄いたいと思っていました。

質問に答えてこのブログに書いてあるようなことをかいつまんで話しました。コンクリートの表面をなぜ測るか、0.17μSv/hは他の地域と比べてどうか、どの程度危険なのか、被爆回避のために何に注意したらよいかなど。

この方は2011/3末に実家のある山陰に避難していたそうです。山陰は被爆影響が相対的に少ない、田舎から野菜を取り寄せたらよいというと、「そうそう送ってはもらえない」といいますので「ただで送ってもらおうと思ったらそうなります。運送料だって馬鹿にならないんですよ。ちゃんとカネを払わなくては。山陰の県が都内に出したアンテナショップに食品を買いに行く人もいるんですよ。ここからだと電車賃だけで相当かかりますよね」

放射能問題を知るには、どうしたらよいかと聞かれましたので、ネットにいろいろ情報があると答えます。
サイトなら規制庁のサイトをはじめとして線量率をグラフ化して変化を見やすくしたサイトなどがあります。

ここで連れが教えてあげたらと横から口をはさみました。「私もやっていないわけじゃないんだけど・・・、ツイッターにも信頼できる情報を流している人はいます。桑ちゃん、桑原さんとか何人もおられます。」

とごまかしました。とても恥ずかしくて私がこのサイトをやっているなどとは明かしたくなかったのです。

それにこの方は関心はあってもこれまでネットではほとんど情報を集めてはいないようでした。今、私のこのサイトを見始めても内容を理解するのに相当な努力が必要でしょう。トウカツという言葉も通じませんでした。

私はちょうどマスクを外していました。シャツはエリが擦り切れています。(擦り切れ始めたころのものが一番着心地が良いのです)


この方が、帰宅して私のブログを見たらきっと亭主に話すでしょう。

今日子供と公園に行ったら変な人がいたのよ。公園入り口の階段に器械を置いて見ているから何やってるんだろうと聞いたら放射能を測っているんですって。カネももらわないでよくやるわね。
すごくデブな年寄りで足取りよろよろ、ひげがもじゃもじゃ、着ているものも良くなかったし、なんか加齢臭が強くて最後までマスク外さずにいたわ。
ブログ書いているというので見てみたら、頭おかしいんじゃないと思うほど放射能の問題ばっかり書いてあるのよ。あういう人を放射脳というんだわね。きっと。
あういう変な人がこの辺に出没するようになるのは困るわね。

この方は、おそらく体調不良の自覚をお持ちなんだと思います。でも、これまで被爆に起因する体調不良などの情報には触れていない。8年経ってもこんな方が多いのだろうと思いました。

泉谷公園の池の近くのベンチで測定した空間線量率。0.08〜0.09μSv/hと低いです。


さらに東に進みます。大きな調整池。右奥に県立こども病院が見えます。


道路わきに植えられたセイヨウバクチノキ。この季節でも緑が鮮やかです。葉は光を通します。


誉田南公園で。


鎌取や誉田の辺りは住宅建設が盛んです。でも駅までかなりあります。東京から直通電車がありますが、やはり遠いです。毎日の通勤が大変でしょう。


日が陰ってきたら連れが寒いと言い始めました。熱があるようだと。手を当てると冷たいです。タブレットの地図を活用して駅に急ぎました。この辺は海岸沿いよりも少し内陸でオキシダント濃度が上がったりします。
posted by ZUKUNASHI at 21:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。