発達障害の原因について管理人が今考えていること: ずくなしの冷や水

2019年03月15日

発達障害の原因について管理人が今考えていること

1 発達障害は、放射性物質により汚染した食料の摂取によるところが大きい。(近年、出生数が急減している。生まれない、発育が悪い、障害がある、は関連している)

2 初期吸気被ばくも発達障害の原因の一つとなっていると見られるが、管理人が当初想定したほどには主たる要因にはなっていないらしい。

3 「食べて応援」を学校給食に導入した地域で発達障害が強く出ているように見受けられる。

4 輸入品よりも「国産品」、「少し高め」を選好する相対的に経済的な余裕のある家庭で影響がより強く出ているように見受けられる。

5 発達障害の原因となっていると見られる放射性物質の種類では、セシウムよりも他の放射性物質の影響が大きいらしい。

6 大都市地域での出生死亡比率の低下度合いが大きいこと、関西地方でも関東並みの低下度合いを示しているところがあることは、一定の汚染食品の寄与が大きいことを示唆する。

7 ネオニコチノイド、グリホサートなどの農薬の影響
2019年02月10日
グリホサート

8 携帯電話などの電磁波の影響
2019年03月10日
発達障害児童生徒の増大の一因は携帯電話だろう

2019年01月09日
今年は福島第一原発事故の影響の深刻さを知る年になるでしょう

2019年01月08日
汚染食材給食から逃げるための移住

2019年01月07日
ネオニコチノイド(農薬)&トリチウム(放射性元素) 複合汚染問題 講演会

IWJ2019/3/14
生活環境病・現代のアレルギー諸症状の原因もここに!?『ネオニコチノイド(農薬)&トリチウム(放射性元素)複合汚染問題』緊急セミナー〜西尾正道氏(北海道がんセンター名誉院長)、木村―黒田純子氏(環境脳神経科学情報センター副代表)による講演〜 2019.2.21

初出 2019-01-10 02:02:44 追記 2019/3/15
posted by ZUKUNASHI at 12:57| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
生活環境病・現代のアレルギー諸症状の原因もここに!? 西尾先生 木村-黒田純子先生の講演会の模様がIWJにアップされています。先には、紹介のアップを有難うございました。
お時間有ればどうぞご覧下さい。
Posted by たぐちゃん at 2019年03月15日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。