これは実話です 1: ずくなしの冷や水

2019年01月08日

これは実話です 1

ある地方都市の高級焼肉店会計カウンターで

客:ここの肉は〇〇牛だよね、やっぱり美味しいわ!

店員:うちが今使ってるのはほぼ100%福島県の肉です。

客:えっ! ホームページにはそんなこと書いてなかったじゃないか、いい加減にしろよ!

店員:今は福島県のお肉が日本で一番安全なんですよ、だってきちんと検査してますから。他の産地のお肉は検査なんてしてないですからそちらの方が危ないんです。

・・・引用終わり・・・

国産牛肉は、検査をしています。牛肉については平成24年9月30日まで経過措置で500Bq/kgまで流通が認められていました。400Bq/kgなら100gの肉片で40Bqあったことになります。
胃に入ったとたんに胃の中で毎秒40本の放射線が発射され続けます。

100Bq/kgでも100gの肉片で10Bq、毎秒10本の放射線が24時間何百日も発射され続けます。

しかも、この100Bq/kgはガンマ線のみをとらえたものですから、このほかにベータ線やアルファ線を出す放射性物質もその肉の中には入っていると考えるのが自然です。

そしてそれは、計測されていません。ベータ線、さらにアルファ線は距離は飛ばないがその分細胞に対する破壊力が強いのです。皮膚にアルファ線源が付着すると小さな穴が開いて鋭く痛むことがあります。そんなものが含まれている食い物をよく食べますね。



例えば妊婦がそんな牛肉を食べたとしたら・・・結果がどうなるか・・・、それが今表れているのです。
posted by ZUKUNASHI at 11:54| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。