日本の子供が大変なことになっている: ずくなしの冷や水

2019年01月07日

日本の子供が大変なことになっている

2019年01月07日
中部地域では福島第一原発事故後早くから発達障害が出ていた
に中部地域である年に生まれたであろう子供たちの発達障害とみられる状態が顕著になった時期が示されています。

管理人の推定では、2008/4から2009/3に生まれた方が年中組の時にそれまでの同年代の子供に比べて格段にできないことが多いと観察されたようです。今、小学校の4年生ですね。



この子たちが小学校に入学したのは、2015/4、平成27年4月です。次の表の学級数、児童生徒数ともに年々の小学校での増加が大きくなっています。


中部地域のことですから被爆が影響しているとしてもどこが原因か、いろいろ議論がありましょう。ですが、中部地域においてすらこうなのですから東日本でもっと顕著であろうことは容易に推論できます。

そして中部地域という地理的な位置を考えれば、その原因の大きな部分は飲食物であろうということも容易に推論できます。
posted by ZUKUNASHI at 14:58| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。