これは何でしょう: ずくなしの冷や水

2019年01月03日

これは何でしょう

これは植物ですが、何かわかりますか? ずいぶんでかいです。パイナップルのようにも見えますが、葉っぱがたくさん集まっているようにも見えますね。



ヒントは、こちらです。
http://inventsolitude.sblo.jp/article/33255739.html

https://en.wikipedia.org/wiki/Araucaria_araucana

モンキーパズルツリー、チリ松と呼ばれる種類の針葉樹です。基本的に松毬などと同じものです。ただでかい。管理人はヒマラヤシダーの実を手にしたことがありますが、ヤニで手がベタベタしました。

この記事を書きながら思い出しました。松ぼっくりも生のものはヤニがあります。しかし、冬になって落下した松ぼっくりにはもうヤニはありません。

ヤニは、中の無数の種が熟すまで口を閉じておくための接着剤なんですね。そしてそれは時間の経過とともに風化するような形で抜けていく。そして、口が開いて種が飛び出してくる。

自然のプラスティック。自然のプラスティックがまとまって固まったものが琥珀? これは松ぼっくりのヤニ程には風化が早くない。

一方人工のプラスティックは、風化しない。少なくとも極めて遅い。

上の理解が正しいかどうか専門家に聞いてみたいですが、そんなに間違っていないと思います。

自然は偉大です。
posted by ZUKUNASHI at 22:33| Comment(0) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。