各国の人の髭 髭の研究: ずくなしの冷や水

2019年01月19日

各国の人の髭 髭の研究

イランの軍人幹部はみなこんな感じです。


英国労働党党首 ジェレミー・コービン。彼のヒゲは向きがバラバラで私と同じです。(強調!)


ハマスリーダー


シリア軍兵士の息子を亡くした父親が、シリアの国に対する敬愛の念を表明するため畳んだ国旗を頭に載せて悲しみに耐えています。とてもつらい写真です。


米国人医学者 ジョン・W・ゴフマン氏


日本人で立派な髭をつけておられる方は少ないです。ツイッターの画像の中から選抜すれば宮川 剛氏(藤田医科大学総合医科学研究所 システム医科学教授)の髭が立派で印象的です。ツイッターでご活躍中のところが私の目に留まりました。


次は、2018/4に東グータからイドリブに退出したテロリストです。これがフルフェイスのヒゲですが、鼻の下は手入れをしているように見えます。


次は、シリア政府軍の若い兵士。この兵士の属するエリート部隊タイガーフォースの隊長は、何かのセレモニーの際にまるで墨を塗ったような短く生え際のはっきりしたひげで現れます。


日本人、東洋人というべきでしょうか、フルフェイスの髭は難しいようですね。頬にかかる辺りの髭がとても少ないです。
次の画像は、中国の古い彫像ではないでしょうか。

でもこの彫像は、必ずしもリアリズムではありません。あごの髭は上の方の例を見てもまっすぐには伸びないのです。ある相撲関係者は長い髭に卵の白身をつけて伸ばしていたそうです。それと、耳たぶの下あたりの髭が西洋人に比べて少ないものの東洋人としては多いでしょうか。

次の日本人の方は、きちんと髭を剃っておられるのだと思います。長い頭髪のほうがアピールポイントです。

posted by ZUKUNASHI at 13:27| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。