世界のIT業界が恐れる中国の実力: ずくなしの冷や水

2018年12月12日

世界のIT業界が恐れる中国の実力

※ 時事通信社 2018年12月12日(水)9時36分
ファーウェイ幹部の保釈決定=中国でカナダ人拘束確認
 【ニューヨーク時事】カナダ当局が米国の要請を受け、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者(46)を逮捕した事件で、カナダ西部バンクーバーの裁判所は11日、孟容疑者の保釈を認める決定を出した。ロイター通信などが伝えた。保釈金は1000万カナダドル(約8億4700万円)。
 保釈を判断する審理は7日から3日間にわたり行われていた。カナダ検察は審理で国外逃亡の恐れがあるとして、米国への身柄引き渡しの可否をめぐる判断が出るまで保釈を認めないよう要求。孟容疑者側は全地球測位システム(GPS)装着など国外逃亡を防ぐ方法を講じると提案したほか、健康上の不安があるとして、保釈の必要性を訴えていた。
 孟容疑者はペーパーカンパニーを使って、イランと取引し、米国の対イラン制裁に違反した疑いがある。孟容疑者は複数の銀行に対し、ペーパーカンパニーとファーウェイの関係を否定する虚偽の説明を行ったとされ、米国で8月に詐欺容疑の逮捕状が出ていた。
 一方、カナダのトルドー首相は11日、「中国でカナダ人が拘束されていることを承知している。中国側と直接連絡を取っている」と述べ、カナダ人拘束を確認した。公共放送CBCなどが伝えた。首相は事態を「極めて深刻に受け止めている」と強調した。

FARSNEWS2018/12/12
Beijing Says Detained Canadian May Have Broken Foreign NGO Law
TEHRAN (FNA)- If International Crisis Group (ICG) employee Michael Kovrig was performing "relevant activities" for the group in China without it being listed, then he may have broken China's foreign NGO law, China's Foreign Ministry said in a statement.

The US Programme Director of the Crisis Group Stephen Pomper has called for the immediate release of the company's senior adviser, RIA Novosti reported.

"The Crisis Group has received no information about Michael since his detention and is concerned for his health and safety. We are making every effort to learn more and to secure consular access to Michael from the Chinese authorities", the ICG said in a statement.

The former Canadian diplomat has worked as an expert for the Crisis Group since February 2017 on security issues in North East Asia, particularly relating to China, Japan, and the Korean Peninsula. Kovrig was detained by state security officials in Beijing on the night of December 10.
posted by ZUKUNASHI at 11:26| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。