パソコン、スマホ大衆向け製品での米国企業の支配は終わる: ずくなしの冷や水

2018年12月08日

パソコン、スマホ大衆向け製品での米国企業の支配は終わる

ファーウエイの財務責任者がカナダで拘束されたニュースを見て、中国のCPU開発はさらに加速するだろうと思いました。

米国製品をイランに輸出した疑いなら、CPUかOSソフトかということになります。

調べると中国のCPU開発は、スマホ向けを主体にずいぶん進んでいるんですね。Kirinという名のCPUは、中国製とのこと。私の持っているファーウエイのタブレットスマホにこれが使われていました。

dtab cmpact d-01j
CPU:Hisilicon Kirin 950 2.3GHz+1.8GHz

一方、スティックパソコンのCPUはIntelのAtomが多いです。誘導ミサイル攻撃の情報に接するごとにこんな小型コンピューターが何個も組み込まれているんだろうなと思っていました。

でもロシアやイランが米国製CPUを使うのは、危険を伴います。変な細工を仕込まれかねませんし、供給ストップという事態もあり得ます。

中国製CPUならその心配はありません。信頼性などの問題がないとしての話ですが。

OSについては、そんなに複雑なソフトが入っていないのなら、LINUXで十分でしょう。

ロシアが開発しているOSは「Astra Linux」と呼ばれるものです。まだMicrosoftの製品も多数使われているようですが、ロシアはいずれMicrosoftの製品の多くを独自開発のソフトで置き換えるでしょう。

米国は同盟国にファーウエイの製品を買うな、使うなと働きかけているようです。今ごろファーウエイの製品販売を邪魔してみてもまず効果はない。それだけ脅威になってきたということでしょうね。

日本がさっそく追随しました。
ロイター 2018年12月7日 / 10:40 / 13時間前更新
日本の政府調達からファーウェイとZTEを排除へ=関係筋
[東京 7日 ロイター] - 政府は、中央省庁などが使用する製品・サービスなどから、中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]と中興通訊(ZTE)(000063.SZ)(0763.HK)の製品を事実上排除する見通しだ。
複数の関係筋が明らかにした。


日本で常時接続の固定ネット回線を持っているお宅はそう多くはありません。このブログのアクセス記録を見ても、スマホなどのモバイルからのアクセス割合が年々増えています。Windowsは携帯回線を使ってネット接続する分野では敗れてしまいました。

このペースが続くとWindowsよりiOSやアンドロイドのほうのシェアが高くなり続けるでしょう。iOS、アンドロイドともにLINUX系ですから、ロシアや中国が新しいLINUX系の新しいOSを開発して公開すればデスクトップについても市場の大きな部分がWindowsでなくなるということもありましょう。

Office Suite などでのMicrosoftの優位性は大きいですが、私はつい先日まで18年前のOffice Suiteを使っていました。今使っているのは最新版ではありませんが、そんなに便利になっていない。いろいろ機能は増えていますが、人によって使う機能は限られます。

特にデータベースソフトは、インポートの機能が表ごとに保存できるようになっただけのように思えます。基本的にベースとなるテーブルを作っておいてそこからデータを取り出すという仕組みでは、新たな機能などは付加しにくいです。

すでにフリーのOffice Suiteが実用に耐える水準に達しているようですから、基本的な作業はこちらでできるとなればOS以外でもMicrosoftに依存しなければならない必要性は薄まってきます。

ただ、JavaとかFlash Playerなどの代替品、さらにはLINUX向けのアプリ作成ツールなどの開発が不足していることは確かでしょうか。

ファーウェイが日本に事業所を開設しましたが、第5世代移動通信システムをにらんだ動きでしょう。

Wikipediaには次の記述があります。
これらのアメリカ側の動きには、国家安全保障上の懸念だけでなく、中国大手二社を米国市場から締め出し、通信分野の次世代技術『第5世代移動通信システム』実用化などで、ライバルとなる中華人民共和国を封じ込めようとする思惑が見え隠れする。
中国とアメリカの通信大手は『5G』などを巡って激しい開発競争を繰り広げており、中国のファーウェイとZTEが先行している。また、現在主流の『第4世代移動通信システム』まではアメリカの技術が席巻していたが、ファーウェイとZTEは『5G』の研究開発に力を入れており、『5G』はファーウェイなどの中国企業が主導権を握るとの見方もある。

ここでも米国の「民主主義」や「テロとの戦い」などと同じに自国企業の経済的な利益のために「安全保障」を振りかざすご都合主義が表れています。
posted by ZUKUNASHI at 14:51| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。