住宅過剰時代 日本の歴史上初めての事態: ずくなしの冷や水

2018年12月07日

住宅過剰時代 日本の歴史上初めての事態

日本の関東圏でも都市近郊では空き家が増えていることは前から気づいていました。

2016年11月14日
陸の孤島は姨捨団地

2015年09月14日
歩いていると空き家が多い 千葉市営住宅に白骨遺体 

地方では、自治体が貸家のあっせんをするところも何年も前から現れています。取り上げたことがあったような気もしますが、記事が見当たりません。そこにRTが日本の空き家問題を取り上げました。

RT2018/12/5
Japan giving away free homes to fill millions of 'ghost' houses
Japan is giving citizens free homes and selling them at heavily discounted prices in an effort to fill the estimated 8.2 million vacant ‘ghost’ houses cursed by Japanese superstition.
Most of the homes are located in rural areas that younger generations have left in favor of city life. To meet the strict requirements for the scheme family members must be under the age of 43 and have children young enough to attend junior school. They must also agree to stay in the town permanently.
Japan’s population has dropped by over 100,000 in the last decade. It currently stands at 127 million but that number is expected to tumble to about 88 million by 2065.
It's predicted that by 2033 more than 20 million houses, (30 percent of all Japanese homes) will be abandoned. By 2040, nearly 900 towns and villages across Japan will no longer exist, leaving Akiya as their last bid for survival.
In Japan purchasing an ‘Akiya’ home can be considered a ‘social failure’ and many express concerns over the unknown abandoner of the property and what rights they may have if they should claim ownership one day.
Many of the houses remain vacant because they are associated with suicide, murder or ‘lonely deaths’ and so have been deemed ‘unlucky’ by Japanese superstition. However the price of new builds in Japan average at $790,000, leaving an ‘Akiya’ home the only option for many young families.
The homes are part of the ‘Akiya’ scheme – meaning ‘vacant’ or ‘abandoned’ – developed to help young families get onto the property ladder, while also addressing the growing number of deserted properties.
The scheme gives homes to young families for free, or for a very low price, to encourage people to occupy the, often spacious homes, located in the Japanese countryside. Local governments have also been handing out subsidies to renovate the properties if they have become decrepit over the years.

この記事はあまり出来がよくありません。新築住宅の平均価格が79万ドル、8,900万円。どこの話だ! 
ですが、地方圏で空き家が増え、自治体がその解消のために苦心している実態は伝えています。

ここでは、栃木市の例が取り上げられています。栃木駅から浅草まで鈍行で970円、1時間半。特急ですと2,100円で1時間8分。


栃木市空き家バンク あったか住まいるバンク

このサイトを見ると、1993年築の5LDKが1,000万円。25年経っていますが外見からはそうは見えない。250万円、680万円などというものも。

これだけ安くても飛ぶ売れ行きというわけでもないようです。東京に通勤するのはつらいです。千葉市の郊外でも鉄道の駅から離れたところは空き家が目立っています。

地方では長いこと人口減が続いています。勤め先が減っている、若い人は自治体にでも勤めないと地元に居続けるのは難しい。都市に出ないと就職先が見つけづらいという事情は強まっているのではないでしょうか。

そして人口減です。高齢世帯が櫛の歯が抜けるように消えていくとそれまで居住していた住宅が空きます。若い人は通勤の便を考えてより都市に近いところに移っていく。

遺族が残された家の処分に困ることも増えているでしょう。固定資産税はかかる、火災や崩壊を避けるために家を取り壊すにもカネがかかる。それならば売り払ってしまえ、と家が投げ売りされるということではないかと思います。

日本の住宅、特に一戸建て住宅の耐用年数は40年くらいのものでしょうか。1978年ころにできた家は40年経過。子供が受け継げば改築でしょう。そういう家も見られます。

ですが、地方ほど受け継いで住む人もいない家が増えてくるでしょう。空き家が増えれば価格も下がります。資産の保全を住宅に期待した人は当てが外れます。

売ったカネで介護施設の入居一時金を賄うことはどんどん難しくなっていくでしょう。

これからは、不動産は持たない、という方が増えるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 12:08| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。