米海軍機が日本沖で墜落: ずくなしの冷や水

2018年12月07日

米海軍機が日本沖で墜落

朝日2018年12月6日13時01分
米軍2機が空中接触し墜落 2人発見、5人なお捜索中
古城博隆
米軍岩国基地(山口県)所属のFA18戦闘攻撃機とKC130空中給油機が6日午前1時40分ごろ、高知県の室戸岬沖、南南東約100キロの海上で訓練中に空中接触し、墜落した。防衛省によると、自衛隊が2人を発見し、残る5人の捜索を続けている。民間船舶などの被害は確認されていないという。
 在日米海兵隊は、事故の詳細について「調査中」とのコメントを発表し、「海上自衛隊の捜索救助活動に感謝する」とした。「難易度の高い、夜間の空中給油訓練をしていた可能性がある」(防衛省幹部)という。
 防衛省によると、戦闘攻撃機には2人、空中給油機には5人が乗っていた。第5管区海上保安本部(神戸市)から災害派遣要請を受け、自衛隊の航空機10機、艦艇3隻を現場海域へ派遣。航空自衛隊の航空機が海上で、戦闘攻撃機の乗員1人を発見し、午前5時40分ごろ、海上自衛隊のヘリコプターで救助し、午前8時過ぎ、米軍岩国基地に運んだ。容体は安定している。海自艦が正午ごろ、もう1人を引き上げた。安否は不明という。

・・・引用終わり・・・

やはり接触事故でしたね。米軍は事故が多いです。

KC-130 refueling aircraft and a F/A-18 fighter jetとあるから給油訓練時の接触か? 岩国基地から飛び立って日本沖で訓練をしていた。乗組員合計7人。

RT2018/12/6
US Marine aircraft suffer 'mishap' off Japanese coast, search-and-rescue underway
The US Marine Corps says two of its aircraft were involved in a "mishap" off the coast of Japan, and a search-and-rescue operation is underway. Very few details have been made public after the initial USMC news release.

Rescue operations are underway off the coast of Japan for survivors of an aviation “mishap” during a training exercise, according to the USMC.

Reports citing Marines officials indicate the incident involved a KC-130 refueling aircraft and a F/A-18 fighter jet, carrying 7 personnel in total. The aircraft had taken off from Marine Corps Air Station Iwakuni, Japan at around 2am local time on Thursday.

Japanese rescue crews have so far found one Marine, while the other six are still missing, according to Marine Expeditionary Force spokeswoman, Lieutenant-Colonel Kelly Frushour.
posted by ZUKUNASHI at 01:15| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。