私はこう思う あなたは?: ずくなしの冷や水

2018年12月02日

私はこう思う あなたは?

この一連の記事やツイートを見てあなたはどう感じますか?

放射能検査:秋田放射能測定室より 2018年11月17日
那須塩原市の公園をお母さんたちと測定してみました


管理人の思うこと
1 すでに線量率が高いことが判明しているこの場所に測定に入る意味はあるか。わざわざ被ばくしに行くようものではないか。
2 測定作業を行う女性たちの服装は、汚染の強い場所に入る服装として適当か。一番外側には合成繊維などの放射性物質をとらえにくい(表面積が少ないすべすべした)素材のものを着るべきではないか。(毛糸の帽子は論外、作業が終わったら衣類は捨てるのだろうか。)
3 測定作業を行う女性たちはマスクをしていない。この場所では放射性物質の浮遊はないのか。ベータ線も多いはずで目を防護するためのゴーグルなどが必要ではないか。浮遊する放射性物質が目に入るのを防ぐ意味もある。


4 このツイートは、測定値が0.95μSv/hという兵士が退避する基準とされる0.3ないし0.32μSv/hを大幅に超えている点をとらえ、走って逃げるべき場所だと指摘している。

5 秋田放射能測定室がなぜこのような調査を企画したのか、また防護措置が不足していることを指摘している。

6 管理人は、秋田放射能測定室は、外部被曝累積の怖さ、内部被ばくの怖さについての理解が不足しているのではないか、との疑問がある。



※ あさくら めひかり @arthurclaris氏の20:05 - 2018年11月29日 のツイート
飛行機に乗ると同じ一時間にこの公園の地べたのだいたい5〜8倍くらい被ばくしますから、放射線が怖くてこの公園から走って逃げる様な人は、飛行機に乗れないですね。

7 飛行機で航行中に旅客が受ける線量は、一般に地上より高いが、航路によって大きな差がある。上空で線量が高くなるのは宇宙線が多いからとされるが、上空には放射性物質が滞留しており(雨とともに地上に落ちてくる)、どちらがどれだけ寄与しているかはデータがない。

8 上のツイートは、兵士ですら無用な被ばくを避けるという観点で退避基準が定められていることを理解していない。

9 放射線が怖いから飛行機でなく夜行列車で移動するという考え方もありうる。それは個人の選択の問題。

※ nagaya @nagaya2に013氏の2018/11/30のツイート
nagayaさんがあさくら めひかりをリツイートしました
これな。バカ丸出しなんで原発従事者の放射線洗脳教育を見直したほうがいいですよ。
★飛行機の移動には被曝を受容すべきメリットがあるが、公園での東電放射能による追加被曝にはない。
★飛行機の機内には放射性物質はないが、公園には見えないけど線量上昇の原因となる物質としての放射能がある。

10 飛行機で移動することを選択する人は、いろいろな制約や利害得失を総合勘案して決めている。その中には交通・航空事故もあるだろう。

11 ただ、7に書いた通り、上空で機内の放射性物質が多くなる場合がないかは、データがなくわからない。定期旅客便の一部は経常的に大気のサンプルを収集しているのでそれを分析すれば、上空の大気中の放射性物質濃度はわかる。

12 秋田放射能測定室が出産適期にあるような若い女性を使ってこのような場所で測定をやらせたのは特に罪深いと思う。青森の大学の教員が女子学生にストロンチウムの分析をやらせ、究極の被ばく作業だと批判されたこともある。
posted by ZUKUNASHI at 01:51| Comment(5) | 福島原発事故
この記事へのコメント
まさに放射能天国日本の特攻兵の若い女性たちですね。しびれますね。私なんか2011年の3月14日福島第一原発3号機の巨大な核爆発を見てから怖くて一度も関東地方には、行つていません。私は、小心もので、恐ろしいですいね。この世のこととは、思えません。日本の救世主安倍総理 万歳。
Posted by 西 亨 at 2018年12月02日 02:48
いつも貴重な情報をいただきありがとうございます。今回の動画、こちらの記事の前にみました。

出ている女性の方、『もう子供3人産んだから‥』のような事を言っていたと思います。これから子供を産むつもりではないとは断言できませんが。

べくれでねがさんのこれまでの活動は素晴らしく、被曝のリスクを侮っているとは想像出来ません。むしろ、被曝の危険性を発信する方々が対立する事は、為政者・むらの思う壺では、と感じました。
Posted by 北のおっさん at 2018年12月02日 06:28
北のおっさんさん こんにちは
べくれでねがさんのこれまでの食品などの測定活動が素晴らしいことは私も同じに考えています。
ですが、0.95μSv/hの場所にこのような服装の若い女性を立ち入らせて笑顔で測定作業を行っている光景の動画を世界に発信することは、大きな影響を持ちます。
この現地測定を素晴らしい活動だと評価する人がどれだけいるでしょう。
日本人は0.95μSv/hの環境でも受け入れていると誤解されないでしょうか。
グリーンピースも似たようなことを行いました。
2016年02月21日
グリーンピースの放射能測定時の防護態勢は不適当
http://inventsolitude.sblo.jp/article/174148043.html

私は、線量率がはるかに低いところで現地調査を行いますが、汚染の強い場所では助手がのどの痛みを訴えたりします。マスクをしていても鼻血を出したこともあります。そのため調査に同行してくれなくなりました。
調査に放射性物質防護の知識のない他人を動員するのは、いかがなものかと考えています。
Posted by ずくなし at 2018年12月02日 12:22
お叱り覚悟で書きますが、、
以前、個人的にべくれでねがさんにセシウム以外の核種、特にストロンチウムなどβ線は測らないのか質問した事があります。
直前までやり取りしてたのに、この質問をした途端返信がパタリと止まりました。
ピンと来てもう一度同じ質問を投げましたが、ついに日にちが経っても返答は無かったです。
それから、私はあの方のサイトを見るのをやめました。
完全なる黒でなくても、ある程度グレーな立場で、ある意図を持って情報を流しているとしたら、、、その全ての情報は、どこまで信用できるものか怪しく、信憑性に欠けると考えたからです。
確かに、あの方のサイトは素晴らしいです。
でも、それは、あの方が善人で、善意を持って運営している、と仮定した場合のみの話です。
どうして東大と組むのか不思議でしたが、私の中ではこの一件で全てが繋がった気がしました。
Posted by 今回は匿名 at 2018年12月03日 00:14
今回は匿名さん の勘は鋭いです。
ベータ線を測らなくてもゲルマニウム半導体検出器なら分解能が良いのでセシウムやヨウ素以外のいろいろな波長のガンマ線を捕まえて分析することができます。
鳥取県は放射能のある廃棄された土壌をゲルマニウム半導体検出器で分析してウラン系列のいろいろな子孫核種を検出しました。
実際の分析をやっているのは東大ですから、ヨウ素、セシウム以外は出さないでしょう。ラジウムなどは
測定結果があるはずです。
まあ、単に返事が止まっただけで嘘をついたわけではないですからまだ良心的と言えば言えますが。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年12月03日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。