何者風にするか悩んだ日: ずくなしの冷や水

2018年12月01日

何者風にするか悩んだ日

知り合いの主婦から紅葉を見に行こうと誘われ、2018/12/1、私の知っている近場に案内しました。

この主婦、その年代にしてはスタイルもよく、着ているものも見る人が見れば高級品と分かるもの、容貌も悪くない。ただ関西人で口が悪いという一緒に歩くには少し気を使うウォーキングの道連れです。

私がしかるべき格好をしていれば(つまり高級品で身を固めていれば)夫婦に見えるでしょう。スリムな妻にでっぷりおやじ、金持ちは概してそうですよね。

何者風の衣装にするか思案しました。家事使用人の爺や風、庶民的な服を着た単なる案内人風、要介護老人風、不倫関係風(これは無理)、残念ながら今着て電車に乗り外を歩けるものは限られます。面倒なこともしたくない。

結局、ひげの手入れをして、カーキ色のシャツ、トレーニングパンツにウィンドウブレーカー、スニーカー姿で出かけました。キャップ、マスク着用。いつもと同じですね。

主婦もどちらかというと、派手な服ではありませんでした。まあ、どんなカップルと見られたかわかりませんが、注目されたのは外見ではなくで彼女の関西弁のおしゃべりでした。そんなに間違ったことを話しているわけではないのですが、かなりのウヨクでかつ辛辣。



目的地について一休み。私は屈みこんでスマホの写真を確認していました。主婦としゃべりながら。ふと顔を上げるといつの間にか前のベンチに座ったカップルが、なにこの人たち? という感じで見ています。すぐに主婦を促してベンチを去りました。

今年の紅葉はいつもより遅いです。まだ緑のままのモミジも。




以下は植物園で撮影。スツールに最適? ただし尻に棘が。




これご存知ですか。マダガスカル産の多肉植物の一種です。アデニア・グラウカ(トケイソウの仲間です。Adenia glauca・幻蝶かずら) これだけ大きなものは、オークションで買うと何万円もします。




よく道を知っているとほめられました。主婦は毎日歩いています。また行きましょうと言われませんように・・・。

サンザシです。この木はめったに見ません。でも小学校でチリ紙をくしゃくしゃにしてピンクの色を付けた造花はこれの花に似ています。
posted by ZUKUNASHI at 18:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。