心臓手術をした人生の先輩に出会った日: ずくなしの冷や水

2018年11月25日

心臓手術をした人生の先輩に出会った日

2018/11/25、穏やかな天気でしたので近いところに徘徊に出ました。目的の駅に着くと、改札の前にレゴブロックで作ったような電車の運転席。早速中に入って記念撮影をしている人がいます。童心に返る老人?、それとも痴ほう症状の典型老人?


幕張中学の脇にある旧道でしょう。今となっては貴重な遺構です。この脇に広い道路が整備されたのはほんの何年か前です。


見事なピラカンサ。


三代王神社の急な階段を上り、台地の上に出ました。新しい家が増えています。この台地の畑もいつまで残るかです。幕張ハウスの脇を通り下に降りて北に向かうと、高速道路のアンダーパスの手前で若い人に道を聞かれました。幕張パーキングエリアの東京方面に行きたいというのです。

高速道路沿いの下道の入口にPASAR幕張と書いた矢印の看板があります。PASARって何? わかりませんでしたが、インターチェンジならこんな看板はありません。

若い人が小型のスマホを持っていましたが、地図が小さくて見えません。私のタブレットは通信容量節約のため機内モードにしてありました。無責任に、「ええ、あっちでよいんじゃないの」と答えましたが、帰宅して確認するまで少し不安が残りました。

次回からいつでもタブレットの地図を開けて確認し正しく答えようと反省しました。データ通信量が限度を超過しても100円程度のことです。

歩き出しながら、連れが「あの人、パチンコに行くのか?」と聞きますので、「パーキングエリアの東京方面側」に行きたいと言っていたんだと返します。

車を運転しない人は、パーキングエリアなどと言っても何をするところかわかりませんよね。しかも、若い人はそこに自転車で行くところなのですから。でも、パーキングエリア→パチンコエリア!! かなり耳おかしいぞ!

それに、道路公団は勝手に施設の名前を変えるな!

台地の上に上がり、畑の中を歩きます。家庭菜園がありますが、みながっちりガード。網がかぶせてあります。イチゴの苗を掘っている年配者に聞いたらやはり泥棒が多いとのことでした。

この地域の生産者は野菜を市場出荷することはなく、近くの店に卸しているそうです。農協の手数料も市場の手数料も省けます。モノは新鮮です。住宅が迫っている都市近郊地帯ではそのような出荷形態が多いでしょう。そのため、汚染地帯では被ばくが多くなるリスクがあります。

今日はいつものコースに途中で戻りましたが、家庭菜園しかない方向から年配の男性が歩いてきました。リュックを背負っています。野良仕事の帰りには見えません。ウォーキングでしょうか。



声をかけてお尋ねしました。家庭菜園で作業をした帰りだそうです。

この先輩は、1年前に心臓の大きな手術をしています。

「毎日パチンコに行っていたんですが、パチンコの帰りに倒れて救急車で運ばれました。最初に大久保の病院に行ったのですが、受け入れを断られ、習志野の病院もダメで船橋の病院が受け入れてくれました。
日曜でしたが、当直の医師が心臓外科の先生で、すぐ手術をしてもらえました」
(夏見台の近くとおっしゃっていましたので、船橋総合病院のようです)

それは幸いでしたね。その船橋の病院はすぐに心臓手術ができるほどにレベルが高いんですか。何か月入院されました。

「3か月と少しです。私は何でも食べるほうなんですが、手術のあとは食欲が出なかったのです。病院のほうでいろいろ出してくれて『どれでも食べたいものを食べてください』と言ってくれましたが、退院後も食欲が戻るまでに時間がかかりました」

昨年の10月に入院されたのですからちょうど1年と1か月ほど経過ですね。それで畑作業ができるまで回復されたんですか。

「人工心臓が入っています。全部ではありませんが。それと人工の血管。6種類の薬を呑んでいます」

パチンコはもうなさらないんですか。

「止めました。妻が止めろというもので」

体に無理がかからなければ、家庭菜園のほうが健康には良いですよね。それに万一何かあってもパチンコの帰りより家庭菜園の帰りならまあしょうがないと奥様も思われるでしょうから。倒れる前になにか前兆なようなものはありませんでしたか。

「私はそれまで病気をしたことがなかったんです。特に前兆のようなものは・・・」

福島の原発事故の後、心筋梗塞などで倒れる方が増えています。事故の後、何か気を付けられましたか?

「いや、特に。私は80歳ですし、前回の発症でもう死んだも同然と思っています。特に何かに気をつけて暮らすという考えもあまりありません」

でも、運ばれた病院の当直の医師が心臓外科が専門ですぐ手術してくれてここまで回復できたのですから、天の声はもっと生き続けよというということではないでしょうか。

ここから駅まで少しありますがどこまで帰られるんですか。

「〇〇まで帰ります。バスを使って1時間です」

今日はお話しできて大変ありがたかったです。時々こちらに来ていますから、またお話しさせてください。

握手をして別れました。

今日は帰りの電車で、2回、停車駅名を間違える車掌に出会いました。私の連れといい、みんな大丈夫?
posted by ZUKUNASHI at 23:09| Comment(0) | 健康・病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。