老人にアンドロイドスマホの扱い方を助言した日: ずくなしの冷や水

2018年11月12日

老人にアンドロイドスマホの扱い方を助言した日

この記事の画像は、アンドロイドスマホで撮影しています。

2018/11/10天気が良かったので予定を繰り上げて近くに出かけました。市川市内は北と西、そして南で町の様子が大きく変わります。南を除けば緑の残っているところも多く、徘徊には最適でしたが、放射能汚染が強く、特に西部で新松戸に並ぶ高い放射能を検出してからあまり行かなくなりました。

このお宅には、大きなサンシュユの木があり、今頃赤い実がたくさんついているのですが、今年は見当たりません。右端にある枝を切り取られた木がそれです。



サンシュユ 2011/11/25


先日は、枯れたシャクナゲの木を見ました。そろそろ影響が出てくる頃なのでしょうか。

この日歩いた辺りはまだ鉄道にも近いのですが、古い家が残されています。意図せず白黒になっていました。



こちらも大きな家です。もったいない。貸してくれれば老人の共同ホームに使えるのに。


こんな場所も残っています。若い男女数人がこの中に入っていきました。裏口でしょうか。もう少し広くて落ち葉が片付けてあればなかなかの入り口なんですけどね。


市川市内では新しい住宅建設が盛んです。家がどんどん新しくなっていきます。こういう土地を持っていた家は土地の売却や賃貸で収入があります。住民の中に割と裕福な人も少なくないはずです。そんな雰囲気を持った街です。


大柏川の遊水池

ここで休憩して私より少し年配に見える男性と話しました。78歳とか。もっぱら聞き役です。(少なくともそのつもりでした・・・)

老人:運転免許は、75歳前後の更新から認知症のテストがある。スライドを見せられて猫などが25出たのだそうだが、そのうちの覚えているものを書けというんだ。8つしか書けなかったよ。

あとその日の日付なども書かされたが、こちらはちゃんと書けたので76点。75点以上がA、45点から74点がB、44点以下がCでCに入ると医師の痴ほう症でないという診断書が必要なんだそうだ。

車はもう捨てた。重い買い物があるときしか乗らないから2万円出して廃車にした。これで年間25万円の出費節約になった。

私:そうですね。私も車は捨てました。というか人にやりました。車の運転が疲れるようになりましたので。出費節約のためには、あと新聞を止めれば年間5万円弱の節約、テレビを止めればやはり5万円弱になります。私は全部やりました。

老人:私は、ぽつくり逝きたいと思っている。それが一番周りに迷惑をかけないから。

私:そうですね。寝たきりになって介護してもらうのはよほどカネがあれば別ですが、家族に大きな負担になりますからね。ぽっくり逝きたい方は「食べて応援」していますよ。流行っていますよ。それでぽっくり逝った人。

老人:「食べて応援」って何ですか? この数年、自分より若い人もだいぶ死んだ。

私:福島第一原発の事故で放射性物質汚染が生じた場所の産物を選んで食べることです。そういう場所の産物にはセシウムなどの放射性物質がたくさん含まれているはずです。

セシウムはもともと動物実験で不整脈を起こす薬として使われています。それが多ければ不整脈にとどまらず心臓が止まりますから。


ご老人は「食べて応援」もまったくご存じなかったらしい。

私:福島第一原発事故からもう7年も経ちましたから、汚染地域の産物もセシウムの濃度は下がっています。今からぽっくり逝きたいと頑張ってもなかなか思うようには行かないかもしれませんが。

ご老人が私のタブロイドに気づいて尋ねてきた。

老人:私も、娘婿がくれたスマホを持っていて写真を撮るのに使っているが、その写真を印画紙に焼き付けたいと思っている。そのためにSDカードを買ったが、画像の取り出し方がわからない。

私:スマホの画像をSDカードに記録するには、スマホにそういう指示を与えなければなりません。SDカードを刺しただけではダメなんです。そしてSDカードを刺す前の画像は本体の記録用メモリーに入っていますからこれをSDカードにコピーして取り出さないといけないんです。そのための設定が面倒で私もその方法はやっていません。娘さんや婿さんにやってもらえませんか?

このとき、私は頭の中で計算していた。78-35=43(娘)、43+5=48(婿)。上の作業ができるならよほどのスマホ使い名人だ。

老人:娘に頼んだが、できなかった。いろいろやってくれるんだが。孫(43-28=15)にも頼んだが、面倒だとやってくれない。

婿の話は出なかった。使い勝手の悪いセコハン(?)のアンドロイドスマホを義理の爺さんに渡したおやじ。婿の話になったとき、老人の口が急に重くなった。

私:パソコンとケーブルでつないで画像を取り出す方法があります。こちらのほうがやさしいし、SDカードを取り出す手間もありません。ご友人か知り合いで少し若めの人がおられれば、知っている方がおられるかもしれません。

昨日、一昨日知ったばかりのわずかな知識で、こんなに分かったようなことを言って良いのだろうか。

市川大野に近い団地の家並みです。なかなか整っています。


子犬、3か月だそうです。子犬を店で買うと何十万円もするものがあるんですね。驚きました。


この記事を書き終えて思いましたが、78歳のご老人にはおそらく新しい世界が開けたでしょう。「ぽっくり逝きたい」希望を叶えるためにはどうしたらよいかという初の情報だったのです。

通常、被爆問題についてここまで話すことはありません。セシウムが不整脈を引き起こすから説き起こしたのは初めてだと思います。ですが、そういう相手の関心事項をテコにして被爆問題に入っていけたこと。

そして、私がアンドロイドスマホについて、使い方を教えてあげたことで、相手はぽっくり逝く方法の説明はいい加減なものではないと思ったはずです。

関係のない知識が被爆問題についての説得力を高めるのに役に立つこともあるんだと思わされました。今回の屋外対話はこれまでで最高の出来といえるかもしれません。
posted by ZUKUNASHI at 02:11| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。