F1原子炉注水を止め冷却状況確認へ: ずくなしの冷や水

2018年11月10日

F1原子炉注水を止め冷却状況確認へ

NHK2018年11月09日 13時02分
原子炉注水を止め冷却状況確認へ
福島第一原子力発電所2号機の「燃料デブリ」の冷却状況を調べるため、東京電力は、来年3月をめどに、原子炉への注水を7時間止めて温度の変化などを確認する試験を行うと発表しました。
安定して原子炉に注水ができるようになってから注水量をゼロにするのは初めてで、東京電力は、温度変化を適切に評価し緊急時の対応に生かしたいとしています。
福島第一原発1号機から3号機では、原子炉格納容器の内部に溶け落ちた核燃料と構造物が混じり合った「燃料デブリ」がありますが、東京電力によりますと、原子炉の温度は注水によって30度前後で安定しています。
東京電力は、事故などで注水が止まった場合、原子炉の温度は1時間におよそ5度上昇すると評価していますが、この評価は空気中などに熱が放出される自然放熱が考慮されておらず、考慮した場合、1時間あたりおよそ0.2度の上昇にとどまるということです。
このため、東京電力は、注水を止めて実際に上昇する温度を確認する試験を行うことになりました。
試験はまず、来年1月をめどに、注水量を7日間程度、現在の半分の1時間あたり1.5トンに減らし、影響を調べた上で、来年3月をめどに注水を7時間止めて温度の変化などを確認するということです。
安定して原子炉に注水ができるようになってから、注水量をゼロにするのは初めてです。
東京電力の想定では、7時間の注水の停止で温度の上昇は1.4度ほどにとどまる見込みですが、想定を大きく上回って、温度が15度上昇した場合は注水を再開するということです。
東京電力は、温度の変化を適切に評価し、地震や津波などの際の緊急時の対応に生かしていきたいとしています。
posted by ZUKUNASHI at 00:53| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。