中国をけなす人に惑わされないように 力は日本を上回る: ずくなしの冷や水

2018年11月07日

中国をけなす人に惑わされないように 力は日本を上回る

2018/11/5に届いた読者の便りから一部引用する。最初にツイートをお読みください。

「今日の放射能 健康被害が広がっている!」に引用転載したツイート

※ Tad @CybershotTad氏の2018/11/4のツイート
このデマツイ現時点で16000RTも行ってる。「驚いたから」とか「バズッてるから自分もリツイート」とかする前に一歩立ち止まって本当なのかな、と考えてみるといい。

※ スネゲマン将軍@腐敗列島 @sunegebohbohman氏の2018/11/3のツイート
スネゲマン将軍@腐敗列島さんがs子をリツイートしました
精神科の医者ですがそういう事実はございません。

※ s子 @YanoYsy氏の23:13 - 2018年10月30日 のツイート
精神科医の先生に聞きましたが、精神科に中国人が殺到しているそうです。中国人が鬱病の診断書で、生活保護を受給されているのです。「このままでは日本は終わる」と嘆いています。外国人が、私達国民の健康保険と生活保護をまんまと手に入れて、ほくそ笑んでいるのですね。日本の将来が恐ろしいです。

・・・・・

あーあ、日本の一般庶民は、リアルな中国をわかっていないなぁ、とつくづく思います。

なぜかと言いますと、今、中国はすごい勢いで発展していまして、すでに日本の社会を追い抜き始めているため、一般の中国人にとって、わざわざ日本に稼ぎに来る必要が消失したからです。

まあ、どこの国にも悪い奴はいますから、こういうセコイまねをする来日中国人が数人〜10数人はいると思いますが、これを普遍的な現象ととらえるのは無理ですよ。

現実主義な中国人、そんな暇人はほとんど居ない。と思います。 中国の大都会のインフラレベルが日本に追いついたのは10年前の話。

今ではド田舎の農村ですら、すでにあちこちで小型の電気自動車が見られるようになり、LEDライトの横に太陽光発電パネルを備えた街灯が、麦畑の中を通じる農道のわきにズラリと並んでいます。

農村の集落にも、ユニクロレベルの商品を並べた衣料販売店が出現し、農家のおばちゃんが買い物を楽しんでいます。また、村の通りに設置してある最新の有料浄水器を利用して飲料水を購入し、料理・飲用に使っています。

はっきり言って、中国内地の一般庶民の生活レベルだけをみれば、すでに中国のほうが日本より豊かになりつつあるのではないでしょうか。ここ2年ほど、中国の農村に行くたび、そのような思いが強くなりつつあります。

・・・引用終わり・・・

管理人は、25年ほど前と7年ほど前に中国に行きました。街の変貌ぶりにまさに浦島太郎でした。私の頭髪が抜け、ひげが白くなったのは、その時のショックによるものです。

上海でしたらまだ飛行機の旅にも耐えられます。上海の地下鉄の終点の郊外や満州にも行ってみたいと思います。人々の顔が明るくてとても良い。

最近感じるのは、特に情報機器での中国製品の市場席巻ぶり。スマホ、パソコン、関連機器、各種コードから放熱板まで。200円、300円のものが国際郵便で中国から直接送られてきます。

私の管理する情報機器で製造場所が中国でないものはないのではないか思います。ブランドも中国メーカーのものが多くなりました。

中国は、日本の市場を完全支配しようとしています。市場を押さえてしまえば、その後は値上げでしょう。

天安門事件の衝撃が今なお大きいですが、権力者が裁判手続きも経ずに自国民を殺すという面ではサウジが悪の権化になりました。日本も似たようなことをやっています。

私が中国の情報を扱うことが少ないのは、中国の生の情報が流れにくい面があるのはもちろんですが、他の国に比べて相対的にニュースのネタが少ないということではないかと考えています。

ツイッターの有名人の中にも中国に関して偏ったニュースを紹介している人もいましたが、上に引用したデマの類しか流れないのは、一応中国の社会・経済がうまく回転しているということではないでしょうか。

中国の第五世代ステルス戦闘機がデモ飛行をしたそうです。動画を見るとロシアの最新鋭戦闘機と変わらないパフォーマンスを示しています。ロシアの技術が入っているのでしょうが、編隊飛行ができるということは同等な品質の戦闘機を作れているということですよね。
RT2018/11/6
China’s newest 5th-generation stealth fighter jets perform stunts during airshow


2018/11/7に寄せられたコメントを掲載する。

中国は単純に日本の十倍からの人口があります。
当然何らかの今後特に必要とされる才能を持つ子供も、
購買力となる働き手も
全て十倍いるわけです。
そんな国が学問を奨励し、
有能なものは海外に積極的に留学させ
好待遇で働き手として迎えるわけです。

基礎研究費をケチり
ただただ旧態依然とした巨大企業を守り
革新的なサービスや商品を生み出す枷をそのままにする
偏狭な島国には勝ち目はないでしょう。

ただ、こうした事実認識は
いくら日本の地上波を見ても出てこないでしょう。
年齢層に関わらず日本はアジアをむやみに蔑視し
自国をただただ信仰に近い形で褒めちぎり
気が付けば後塵を拝し手も足も出ない状況になることでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 23:53| Comment(3) | 国際・政治
この記事へのコメント
今中国の大卒の若者たちは、小学校から厳しい選別競争があり、3ヶ国語をできる人は、たくさんいます。ロシア語も英語もとても堪能です。同級生1600万人の人生をかけた競争ですよ。負ければ絶望の人生しかありません。やり直しはありません。中国は、厳しい社会です。勉強しない日本の若者は、頭が劣り、間抜けですね。
Posted by 西 亨 at 2018年11月05日 19:13
この中国の大型ステルス戦闘機は、J-20 ですね。まだ新エンジンの開発ガス終わつていません。成功しなければ、ロシア製エンジンを取り付けます。J-31中国中型ステルス戦闘機は、始めからロシア製エンジンを搭載しています。ロシアのSU-57ステルス戦闘機は、やつと来年からロシア空軍に配備されます。私は、SU-57に搭載されているAI(人工知能)に関心があります。
Posted by 西 亨 at 2018年11月07日 21:17
中国は単純に日本の十倍からの人口があります。
当然何らかの今後特に必要とされる才能を持つ子供も、
購買力となる働き手も
全て十倍いるわけです。
そんな国が学問を奨励し、
有能なものは海外に積極的に留学させ
好待遇で働き手として迎えるわけです。

基礎研究費をケチり
ただただ旧態依然とした巨大企業を守り
革新的なサービスや商品を生み出す枷をそのままにする
偏狭な島国には勝ち目はないでしょう。

ただ、こうした事実認識は
いくら日本の地上波を見ても出てこないでしょう。
年齢層に関わらず日本はアジアをむやみに蔑視し
自国をただただ信仰に近い形で褒めちぎり
気が付けば後塵を拝し手も足も出ない状況になることでしょう。
Posted by 諦観 at 2018年11月07日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。