これも知りたくないでしょうけど: ずくなしの冷や水

2018年11月04日

これも知りたくないでしょうけど

私設空間線量率リアルタイム測定表示システムは、GM管が検出した放射線数の累積値を表示します。次は、2018/11/4昼前の千葉県北西部の測定ポイントのグラフです。



累積放射線検出数が1,118,282になっています。この測定ポイントの平均空間線量率は20cpmですから20で割ると約56,000分、932時間分となります。約39日間連続稼働です。

測定器のGM管は、管理人の小指の太さで長さは倍。管理人の片手の小指に1時間当たり600本の放射線が当たっていることになります。体全体ではどれほどになるでしょう。

こんなに大量の放射線が当たっていれば、DNAが損傷しないなどということはありえません。損傷してもうまく修復されることを願うだけです。

うまく修復されなければがんになったりしますよね。

同じ測定器で測ると、福島第一原発事故前は0.05μSv/h程度、8cpm程度だったはずです。8cpmから20cpmへ2.5倍になっていると推測されます。
posted by ZUKUNASHI at 11:51| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。