GmailやYouTube、Google Playの有料化は構わないが: ずくなしの冷や水

2018年11月02日

GmailやYouTube、Google Playの有料化は構わないが

知人と話していたら、Googleのサービスが有料になるらしいと聞かされました。えっ、Googleの検索サービスが有料になる?! そりゃ大変。商売あがったりだ。

調べたら次のニュースがありました。

エキサイトニュース2018年10月18日 12:00 0
Google、EUでAndroidのGoogleサービスを有料化。欧州委員会の制裁に対応
Engadget 日本版
欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会は7月、Googleに対しAndroidに関する独占禁止法違反について約43億ユーロ(約5600億円)の制裁金の支払いを命じていました。Googleはこの命令について不服とし、すでに上訴を行っていますが、それとは別に、EU圏に対し、Androidに搭載するGoogleサービスの有料化を発表しました。欧州委員会から独占禁止法違反とされた内容は、Google検索とChromeブラウザのインストールを強制し、他のメーカー製アプリの利用機会を奪っているというもの。これに対してGoogleは、この2つをバンドルすることで、他のGoogleサービスを無償提供できていると反発していました。

しかし、この訴えが聞き入れられないことに業を煮やしたのか、「だったら望み通りにインストールは強制しない。代わりに他のサービスの利用を有料化する」というのが、今回の発表です。

これによりEU圏で端末を販売するメーカーは、Androidのデフォルト検索エンジンをBingにし、Firefoxをデフォルトブラウザとして出荷することも可能です。代わりに、GmailやYouTube、Google PlayなどのGoogleサービスを利用するためにはGoogleとの有料ライセンス契約が必要になります。なお、ライセンス料などの詳細は明かされていません。

このライセンス契約は10月26日以降に発売される端末について適用されるとのこと。なお、Android自体は引き続きオープンソースで提供されるほか、EU圏以外での変更はありません。

ライセンス契約はGoogleとメーカー間の話で、消費者には関係がないとはいえ、これが実施されれば、EU圏の端末価格の値上げなどの影響はありそうです。

・・・引用終わり・・・

Googleの検索サービスが有料になるわけではなさそうです。GmailやYouTube、Google Playは有料にしてもらって一向にかまいません。

でも、これが実現したら、Googleのサービス有料化の第一歩になるかもしれません。Googleの検索サービス、Google Mapが有料化されると私的にはとても痛いです。それ以外のサービスは、どうぞ有料化をという気持ちです。カネ出してまで使う人がどれだけいるんでしょうね。

Gmailに至っては、カネ出して使って中身を第三者企業に売られることになりかねないわけで、日本人はむしろ喜ぶ?

Googleの動きには警戒が必要です。
posted by ZUKUNASHI at 21:58| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。