放射能汚染の危険性を注意喚起すると皆逃げるように去っていくのはなぜ?: ずくなしの冷や水

2018年11月03日

放射能汚染の危険性を注意喚起すると皆逃げるように去っていくのはなぜ?

2018/11/1に寄せられたコメント。引用開始。

食品売り場で汚染されていそうな物を買おうとしてる人を見たら、折に触れ「放射能汚染されてるかもしれないから危ない」と注意喚起すると、大抵皆さん(何故なのか分かりませんが)買うのをやめて大急ぎでその場から逃げるように駆け出すんです。どうして逃げるのか、なのかよく分からないんですが…その心理、どなたか思い当たる方はいますか?

・・・引用終わり・・・

   

@ 自分の気のゆるみを指摘されて恥ずかしくていたたまれなかった。

A 教養ある婦人を装っていたのに、無知、教養のなさを暴露されてしまい、屈辱感ではらわたが煮えくり返った。

B 変な人に絡まれた。ここは逃げたほうが無難。

C 家族に汚染食品を食べさせて何しようと思ったのに、現場を押さえられてしまった。

管理人が思いつくのは、そんなところですが。

hiyaaseさん
汚染されている食品の傍に立っているだけで、 自分も汚染されると思って、怖いので逃げ出すのでは? 普段は超越していると思っていても、 けっきょく、めちゃくちゃ分かってないんですよ。きっと。

るるさん
1突然 知らない人から、不穏な事を言われ、やばいと思って逃げる。
2 ぎょっとして、→ 本当にそうかもしれないと思い、とりあえず立ち去る。
3 真実かは判らないが、何か買ってはいけないような気分になる。
(3だとしたらスーパーにとっては営業妨害ですね)

まゆさん
相手の方の立ち位置がわからないので話しができない、会話が続けられないからです
誰がどこでダンボの耳で話しを聞いているかもわからないという事もありますね
(そうですね。スーパーの中で言い合いのようになりたくないですしね。そんなところを知り合いに見られたり聞かれたくない、それもありますね)

SYさん
今では秋刀魚も鰯も鯖も桃缶も、国産の缶詰は過去のものになりました。
魚貝類は卒業のつもりが、時に未練がましく思い出してしまいます。
我ながら実に浅はかですね。
そこをずばり指摘されると、やはり身を隠したくもなるかもしれません。
(さんまを目の前にして食べたいけど怖いしなぁ、とためらっているとき、それ危ないですよと知らない人に言われたら、赤面して立ち去る。これもわかりますね)

名古屋の読者さん
みなさん、変わりたくないからではないでしょうか。
安全が崩壊した、という現実を受け入れると、自分の
人生も変えなけれないけないですよね。
みんな、昨日の前提にすがって生きているのでは。
ゼロから自分の人生を考えず。
だから、本当のことを口にする人がいると
とたんに耳を塞いでしまうのでは。

のんびりとさん
これが例えば放射能汚染でなく、農薬や添加物、電磁波障害等々のことであっても、買おうとしているすぐそばで見ず知らずの人に「危険性を注意喚起」されたら、たいていの人はその場を離れたくなるのではと思いました。
こんな話題を共有できる人に出会うのは珍しいので(ほとんど無いです)、自分だったらうれしいんですけどねー。でも、知らない人だから、少しは緊張しそうです。

諦観さん
恐らくほとんどの人にとって
「放射能汚染されてるかもしれないから危ない」という指摘は
その食べ物は食べると神様がお怒りになります」という指摘と
同程度の理解不可能かつ唐突なものであり、
反応としても大差がないのだろうと思います。
私もそんな指摘をされる方が身近にいるなら
相談したり情報交換したりできて心強いんですけどね…

akyoyaさんは、相手を選んで忠告しておられるんですね。
「何、変なことを言うのこの人は! この店が売っているんだから危険なことなどないでしょう!!」
などと反発されることもありますから。

管理人だったら、「よく調べておられるんですね。こっちはどうですか? あっちの棚についても教えてくれませんか」とスーパーの中を連れ回して教えてもらうでしょう。

スマホを買おうと店で見ていたら、この機種は電磁波障害でがんのリスクが高いですよと見ず知らずの人に「危険性を注意喚起」されたら、確かにその場を離れるかもしれませんね。(買い気が失せることは間違いない。)
posted by ZUKUNASHI at 01:28| Comment(5) | 福島原発事故
この記事へのコメント
こんばんは
私も足早に立ち去るかもです(そもそもそんな場所には近づかないですが)
相手の方の立ち位置がわからないので
話しができない会話が続けられないからです
誰がどこでダンボの耳で話しを聞いているかもわからないという事もありますね
Posted by まゆ at 2018年11月01日 23:14
いつも貴重な情報ありがとうございます。

みなさん、変わりたくないからではないでしょうか。
安全が崩壊した、という現実を受け入れると、自分の
人生も変えなけれないけないですよね。

みんな、昨日の前提にすがって生きているのでは。
ゼロから自分の人生を考えず。

だから、本当のことを口にする人がいると
とたんに耳を塞いでしまうのでは。

いろんな人に私も話をして、食生活を変える必要性を
強調しても「でも」「だけど」など、汚染のない食材を探す
手間などを指摘して、自分が変わらない言い訳だけが口から出てきます。

結局、自分の人生で信じてきたことが、崩壊していることを知る
ことが怖いだけなんだと思います。

自分が変わらなくていい、という情報だけは受け入れてますよね。

先日話をしたとき、「長野の食材さえも危ないと思っています」という
農家の方がいて、いろいろ話をしたのですが、被ばくを回避しているのは
子供だけとのこと。でも、大人が生き残らないと、子供が成人するまで
生活を支えてあげられないですよね。。

話はかわりますが、名古屋近郊はケムトレイルの散布がすざまじいです。
せき喘息の流行が指摘されていますが、名古屋近辺は、このケムトレイル
が相当に悪さをしていると思っています。

名古屋周辺の空、本当に散布で汚いですよ。
Posted by 名古屋の読者です。 at 2018年11月02日 16:10
いろいろ考えてみましたが、投稿された方々の推測以外のことは思い浮かびませんでした。
これが例えば放射能汚染でなく、農薬や添加物、電磁波障害等々のことであっても、買おうとしているすぐそばで見ず知らずの人に「危険性を注意喚起」されたら、たいていの人はその場を離れたくなるのではと思いました。

こんな話題を共有できる人に出会うのは珍しいので(ほとんど無いです)、自分だったらうれしいんですけどねー。でも、知らない人だから、少しは緊張しそうです。

Posted by のんびりと at 2018年11月02日 22:08
のんびりとさんとほぼ同意見です。

恐らくほとんどの人にとって
「放射能汚染されてるかもしれないから危ない」という指摘は
「その食べ物は食べると神様がお怒りになります」という指摘と
同程度の理解不可能かつ唐突なものであり、
反応としても大差がないのだろうと思います。

私もそんな指摘をされる方が身近にいるなら
相談したり情報交換したりできて心強いんですけどね…
Posted by 諦観 at 2018年11月02日 23:33
投稿は
「大急ぎでその場から逃げるように駆け出す」と書いているんです。

呆れて去る、のではない。
無視して去る、のでもない。
怒った顔をして去る、のでもない。
スーパーで「駆け出す」のは万引きの犯人くらいです。
あまり見かけない現象です。

前にも書きましたが、汚染物があるのなら、
距離をとって離れなければいけないと思って急いで走るのではないでしょうか。

私は電車が間に合わないときでも走りません。
もう、10年くらい走ったことないです。

大急ぎで駆け出す。まあ、バカなんでしょう。
世の中、80%はバカですよ。
私は今まで、汚染を説得できた人が1人も周囲にいません。
分かっている人は最初から分かっている。
分かってない人は、何をどう言っても、ここのサイトを教えても
考えを変えようとしません。
学歴も知能指数も関係なし。
ようするに、基礎的な感性がバカなんですよ。

新聞はほんとうのこと書いてませんよと言って、
67%くらいの人は、同意しません。
あれと同じですよ。
調査によると、世界で新聞が公正な記事を書いていると思っている人は
日本は世界一らしいです。
バカなんですよ。

左翼がダメとなると右になり、右翼がダメになると左になり、
左か右かしか思考にない。
バカなんですよ。

Posted by hiyaase at 2018年11月03日 08:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。