出張据え付け始めました このブログの読者は相当なIT音痴らしい: ずくなしの冷や水

2018年11月03日

出張据え付け始めました このブログの読者は相当なIT音痴らしい

私設空間線量率リアルタイム測定表示システム端末の出張据え付けを始めました。

遠隔地は、機器を送付し据え付けてもらうのですが、家電並みに作ったのにこの据え付けがなかなか大変なのです。

以前は詳しい説明書を作っていましたが、サッパリ読まれていないことが判明しました。

機器構成はごく簡単。スティックパソコンと測定器、電源アダプター、必要ならUSB有線LANアダプターだけです。

これらをつないで電源を入れるだけなのですが・・・それが結構難しい。

手間のかからない「家電並み」が売り物のシステムに変えておおむね更新が終わりました。特に好評ということもなければ、苦情もないというところです。

現在は、スティックパソコンの中のソフトをいじらないでください! が最大の要請事項。能力の低いパソコンをギリギリに使っています。ソフトをいじればいじるほど動きはおかしくなります。3台目になる測定ポイントもあります。

家電並みに変えてWindowsなどのソフト更新を止めましたので手間はだいぶ減ったはずですが、ただ一つ泣き所は、Wifiを使う場合にセキュリティコードを入力しなければならないこと。

マウスがあればオンスクリーンキーボードでコードを入力できますが、この場合にモニターが必要なのです。家庭用テレビがその役割を代用できることがあるのですが、テレビの裏側など見たこともない人がほとんどですし、独立したモニターを持っている家庭はごくわずかです。今の家庭用パソコンはラップトップが圧倒的です。

そのような事情が判明しましたので、持ち運び可能な小型の液晶モニターを用意しました。

ところがこれをつなぐことになると電源アダプターがもう一つ増えます。HDMIケーブルもつながなければなりません。電源コンセントも二つ必要になります。

もうどれをどれとつなぐかわからないと苦情が来ました。

詳しい説明書を作るか・・・、いやどうせ読まれないだろうと判断し、近距離は出張据え付けに切り替えました。今週から来週にかけて出張据え付けが二回予定されています。

全国各地に設置したいと考えて調整・交渉を進めてきましたが、いろいろ事情がある場合も多く、なかなか思うように進みません。

それにインターネット環境が必ずしも普及していない。常時接続で月3,500円程度というのは高すぎます。海外ではもっと安いのではないでしょうか。別に動画をバンバン見る人だけではありませんからADSLが使えればそれで充分なのですが。

明日は、出張据え付け1件目。スティックパソコンと付属品一式、測定器、小型液晶モニタと電源アダプター、マウス、電源の延長コード。これで足りるはず。

現場でやってみました。確かに面倒です。家庭用電源タップに電源アダプターをはめたのに片足が外れていたり、持参した小型液晶モニタの文字が小さすぎて読めなかったり。Wifiのセキュリティコードがものすごく複雑で入力に難儀したり。

Wifiのセキュリティコード?? そんなのわかりません!
なんてケースもあるんでしょうね。

ここ何件かIT関係の記事を書きましたが一部の方を除いて反応が低いです。難しすぎます? スマホの料金引き下げ策は、まさに実用記事なんですけどね。

皆さん、スマホに金使わなければ使い道がない? あっ、そう!

でも、年寄りの生活防衛は、テレビを捨てる! 新聞止める! ネット料金は最低限に! がスタートだと思っていますけどね。

2018年11月03日
スマホ(従量制データ通信)の費用抑制策

2018年11月03日
アンドロイドスマホは個人情報収集機器

2018年11月02日
GmailやYouTube、Google Playの有料化は構わないが

2018年11月02日
現時点でWindows8をWindows10に無償アプグレードが可能?

2018年11月01日
どうもスマホ料金過大に払っている人が多いらしい
posted by ZUKUNASHI at 14:18| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。