女性にも脳卒中が増えているらしい: ずくなしの冷や水

2019年03月18日

女性にも脳卒中が増えているらしい

※ かづきちハンバーガー(ファーストフード) @LingmuMilktea氏の2018/10/24のツイート
脳梗塞って高齢じゃなくてもなるんだよね…職場の先輩だけじゃなくて同期でもなった奴がいるしなんなら身内にもいるからほんと他人事じゃない

※ つんつくつん@10月27日Y吹 @tsuntsukutsun77氏の2018/10/23のツイート
私の中学時代の同級生や職場の先輩も40代で脳梗塞にて亡くなっているので、他人事ではないです

※ Lie @Lie_rie_lied氏の0:54 - 2018年10月24日のツイート
私も最近職場の先輩が脳梗塞で急逝しました。
まだ20代、奥さん・お子さんもいる方でした。
私のたった2歳上な事もあり、「なぜ彼が」と思うと同時に「自分もいつ死ぬかわからない」という事実を直に感じました。

介護夫の話を聞いた日をお読みになった方はどんな感想をお持ちでしょう。あの記事とこの記事の反応がないんです。深刻に過ぎました? それとも陰謀を暴露されてしまった感じ? いや、そんなことありふれていて改めて取り上げることもないのに・・・。

「介護夫」は、妻の介護をする夫の意味で使っています。

2018/11/26、八千代市にお住まいの方と出会いましたので、八千代市では女性で脳梗塞になる人が多いらしいけど何か心当たりがありますか、と聞いてみました。すると、なんと自分の母親が2018/2に脳梗塞で倒れたと。

入院してリハビリに精を出し、今は伝い歩きできるほどに回復したそうです。80歳近い父親が妻の介護の負担もあって疲れているとのことでした。

その後、2019/3になって、この方と会って少し話をしました。伝い歩きせずとも歩けるほどに回復したそうです。放射能被ばくのことについて気を付けているか尋ねましたが、「何のこと?」という顔をしています。

母上の脳梗塞の原因は何でしょうね、と話を振ると子供のころに良いものを食べていなかったからかも、と。70台の半ばまでお元気だったのにそれはないでしょう。

母上は食べ物の安全などには注意を払っており、菓子の買い食いなどは許してくれなかったということです。そちらの面の知識はあっても放射性物質汚染は思いもしなかったし、もちろん警戒もしなかった。

国産牛肉は食べていないが水産物の消費が多いとのことです。サケやイワシ。近海魚を食べておられるようです。コメの産地はわかりませんでしたが、野菜は当然地場のものでしょう。

ご両親には福島第一原発事故による食品汚染の情報は入っていないだろからあなたが調べて教えてあげなくては。テレビも新聞も肝心の情報は伝えないから。パソコン、スマホできますよね。

周りに急死される方おられたでしょう。放射性物質、特にセシウムの影響です。

母上がせっかく回復されても以前と同じような食生活に戻れば、また症状が重くなることもありえます。そして、母上だけでなく、父上にも影響が出るかもしれないし、あなた自身だってどうなるかわからない。

と今回は思い切って踏み込んで話しました。母上が回復した今がチャンスです。

こんな事例、関東一円で多いんでしょうか。妻が脳梗塞を発症して介護夫に。

一般に女性の脳卒中(脳梗塞、脳内出血)は増えているんだそうです。それに
「脳卒中の怖いところは、後遺症が残りやすく、寝たきりの主な原因になることだ。特に女性では、男性に比べて脳卒中後の回復が不良で、生活の質(QOL)も低下することが知られている。」とこちらには書かれています。

妻が倒れても夫が倒れてもどちらも大きな問題ですよね。少し検索しただけでいろいろな記事が見つかります。

心も体も離れた妻の介護で葛藤する夫

夫が定年退職した途端、サヨナラと別れていく妻も多い時代。夫が寝たきりなどになったら、どうするんでしょうね。構わずサヨナラと去っていく? 残された夫の世話はだれが見るんでしょう。前に寝たきりの夫と未婚の娘を置いて家を出ていこうとする女性の話がありました。新しい男と暮らすためです。あなたがやろうとしていることは、もう、今の日本では特別なことではないのかもしれません。勇気が出ました??

さんざん汚染食品を食わせておいて、障害が出たら「はい、さようなら!」 今流行りです。

ですが、ときに見込み違いで夫よりも先に妻が倒れることもあります。妻が寝たきりになったとき、夫は離婚しようとする? どうなんでしょうね。こちらの場合は、カネを出させることができましょうが、ビンボーな夫なら十分なカネは望みえません。

さらに不幸なケースでは、共倒れもあり得ます。妻は脳梗塞、夫は心筋梗塞。同じ墓には一緒には絶対入らないぞと思いつつも、どうなるかわかりませんよね。

次は中国語圏のニュースをフィルターなしで紹介してくれている貴重なサイト。ここに脳卒中についての注意事項があります。
荏苒(じんぜん)として歳月は頽(くず)れ
脳卒中の応急手当に「臨微不乱」を覚えておく−台湾衛生福利部

三高とは、「高血圧」「高血糖」「高尿酸値」のことを指す場合もあるし、「高血圧」「高血糖」「高脂肪」のことを指す場合もあるようです。

手足のしびれ、動かない、麻痺
顔の表情がひきつる、口角が歪む(どこかの大臣がこうですよね)
言葉がはっきりしない

などの症状が出たら救急車で病院へ急ぎましょう。一刻を争います。病院で血栓を溶かす薬を投与してもらって脳の細胞が死ぬのを防ぎます。時間がたてばたつほど酸素不足で死ぬ細胞が増えます。死んだ細胞が多ければそれだけ後遺障害が増えます。

脳内出血でなければ、すぐに手術ということは少なく、多くの場合血栓を溶かす薬を点滴で体に入れるようです。Royal Bone Sawで穴を開けられることはごく限られた場合。怖がらずにとにかく病院へ。

血栓を溶かす薬としては、昔からウロキナーゼ(例えばこれ)が知られています。米軍の兵舎の男子用トイレから尿を収集し、それから抽出していると昔に聞いたことがあります。

次の投稿記事は是非お読みください。このブログの最も貴重な投稿資料の一つです。時間との闘いであることがわかります。

2015年05月10日
脳内出血の体験記

2015年10月04日
被曝症状最前線 4 息切れ 手指の感覚の違和感

最後にもう一つ脅しを。「介護夫の話を聞いた日」に次のように書きましたが、実際はもっと詳しく教えてもらっています。
「2度入院したが、2度ともに入院患者の中に女性がいてなんか叫んだりしていたな。女性はこの病気を発症すると頭がおかしくなって奇異な行動に出ることがあるらしい」

女性は時に汚い言葉、強い言葉を使うと何度も書いていますが、Aさんの体験では、とてもえげつない、みっともない、聞いていて恥ずかしい話や行動をする人もいるのだそうです。

新しい自分発見ということになるかもしれません。同室の方が後で教えてくれるかどうかは別ですが。

初出 2018/10/24 11/26 2019/3/18 追記
posted by ZUKUNASHI at 15:34| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。