シリアではこんな爆弾が多用されています 放射能でなく爆弾なら逃げ続けられますか: ずくなしの冷や水

2018年10月07日

シリアではこんな爆弾が多用されています 放射能でなく爆弾なら逃げ続けられますか

AMN2018/10/5
Kurdish forces foil terrorist attack in Hasakah city
BEIRUT, LEBANON (8:10 P.M.) – The Kurdish forces managed to foil a terrorist attack in Hasakah city, yesterday, local activists reported this morning.
According to activists, between the hours of 7:00 A.M.) and 8:00 A.M. (local time) on Thursday, the Kurdish-led People’s Protection Units (YPG) arrested a man that planted an explosive device under a vehicle belonging to the YPG in Hasakah city.
After the device was discovered by the YPG fighters, a group of bomb disposal experts arrived and deactivated it.
A large-scale search operation was initiated by the YPG this morning to find the perpetrators.
The explosive device which got deactivated consisted of 3kg explosive material, tools and a mobile phone.

このような簡易な仕組みの爆発物が多用されています。これを車の下などにひそかに取付け、おそらく携帯電話に電話をすると爆発する仕組みでしょう。この爆薬で3KGですから重いです。


次は自殺ベルトと呼ばれる自爆攻撃用の爆弾です。




次はモースルでの女性の自爆テロ犯の姿です。



次は、まだ使われたとは聞きませんが。



posted by ZUKUNASHI at 00:44| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。