上対馬は日本側の影響による上昇が多い: ずくなしの冷や水

2018年10月06日

上対馬は日本側の影響による上昇が多い

2018/9/1の早朝、対馬で空間線量率が上がっていました。


放出源は島根原発ですね。




上対馬で台湾からの気流で上がったことがあるのは確認しましたし、朝鮮半島の西側から回り込んだ風で空間線量率が上がった例も確認していますが、多くは日本側の影響による上昇が多いです。


机の上の空 大沼安史の個人新聞
2018-10-02
〔東電原子力大災害現場〕(重要)◆ 9月26日午前10時31分 と39分に、フクイチ・ライブカメラ(4号機側)が、白い噴出をとらえる! 31分の噴煙は黒煙まじり ◆ 噴煙、 山側から海側に流れる ―― ◎ 米国のウォッチャーが動画スクショし、公開! ★ 前日、「既設多核種除去設備(C)」で漏えい検知器が動作したことを示す警報が鳴っている! 関係は? これはどう見ても「山勢(やませ)ではない。
 ★ 東電には現場管理/説明責任がある! 
 住民帰還を進める安倍政権には、人々への説明責任がある! 

・・・引用終わり・・・

2018/9/26 10:26:21 (管理人がキャプチャー)


2018/9/26 10:31:07 (大沼安史氏のサイトから転載)


2018/9/26 10:31:31 (大沼安史氏のサイトから転載)


2018/9/26 10:35:18 (管理人がキャプチャー)


2018/9/26 10:38:17 時点でも煙は見られません。ごく短時間での現象だったようです。
posted by ZUKUNASHI at 16:26| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。