平成29年度調査 5歳児の身長は低くなっている: ずくなしの冷や水

2018年10月06日

平成29年度調査 5歳児の身長は低くなっている

学校保健統計調査-平成29年度(確定値)の結果の概要 から





この調査はサンプル調査で、事前に、または事後的にサンプルが調整されているのではないかとの疑いもあります。

5歳男児の身長は、東日本で高く、西日本で低いのですね。初めて知りました。東北で特に平均身長が高いのは、どんな要因が影響しているのでしょう。5歳男児:1県あたり調査対象者数331〜1227(人)





変動係数(標準偏差÷平均)は、平均に対するデータのばらつき具合の大きさの比率です。これが大きければサンプルのばらつきが大きいことになり、小さければサンプルのばらつきが小さいことになります。なんらかの調整が行われている場合は、この値が他県と異なってきます。県境を越えたとたんに児童の身長、体重に格差がみられるようなことはまずありません。
posted by ZUKUNASHI at 11:22| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。