能登半島志賀原発から放射性物質多量に放出の疑い: ずくなしの冷や水

2018年10月02日

能登半島志賀原発から放射性物質多量に放出の疑い

南東北の私設モニタリングポストで昨夜来、異例な空間線量率の上昇が生じています。アルファ、ベータ込みでcpmが平常より3割弱の上昇です。



















石川県知事は、北朝鮮の国民を餓死させることを考えるより、志賀原発を止めることを優先すべきです。さもないと富山、新潟、山形などの県民の健康を害し続けます。

管理人は能登半島産品は不買です。1個500円の干し柿もいらないともらいませんでした。
posted by ZUKUNASHI at 09:40| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。