人口動態指数悪化地域はそれぞれに原因があり ところによっては固有の原因が継続中です: ずくなしの冷や水

2018年09月29日

人口動態指数悪化地域はそれぞれに原因があり ところによっては固有の原因が継続中です

小選挙区 主要都市 出生率変化率 死亡率変化率 短期指数 長期指数 総合指数
・神奈川8 青葉区 0.95 1.08 -0.13 -0.20 -0.33
比較的早い時期に指数が悪化しワースト上位にありましたが、また相対的にワーストワンの地位を占めました。
・神奈川16 厚木市 0.97 1.06 -0.08 -0.24 -0.33
初期吸気被ばくが大きかった可能性がありますが、指数の悪化に時間がかかりました。現在も追加被ばくがあるのかもしれません。
・埼玉9 狭山市 0.97 1.05 -0.08 -0.24 -0.33
管理人は特に注目して観察している地域です。悪化は続くでしょう。
・東京25 青梅市 0.91 1.03 -0.11 -0.21 -0.32
東葛に劣らない汚染があります。ただ住民がどこまで理解しているか。この地域の登山は避けたほうが良いです。
・神奈川17 小田原市 0.91 1.01 -0.10 -0.21 -0.32
汚染は理解されている程度を上回る可能性があります。静岡から放射性物質が流れたときの通路です。
・茨城3 取手市 0.96 1.01 -0.06 -0.25 -0.31
濃厚汚染地帯。一時はワーストトップを争いました。
・東京24 八王子市 0.96 1.05 -0.10 -0.21 -0.31
汚染は理解されている程度を上回る可能性があります。
・福島2 郡山市 0.93 1.02 -0.08 -0.22 -0.31
強い汚染があります。最終的にワースト上位に残るでしょう。最近短期的な悪化が大きいです。
・静岡1 葵区 0.93 1.04 -0.11 -0.20 -0.30
西から関東に放射性物質を含んだ気流が流れる際の通路に当たります。
・秋田2 大館市 0.92 1.03 -0.10 -0.20 -0.30
北東北で突出して指数が悪くなっています。
・東京23 町田市 0.99 1.01 -0.02 -0.28 -0.30
初期吸気被ばくが強かったと推定される地域です。一時ワーストワンを占めました。
・神奈川5 戸塚区 1.03 1.07 -0.04 -0.25 -0.29
戸塚区内の公園で栽培されたキノコから濃厚汚染が検出されています。
・福島1 福島市 0.96 1.03 -0.07 -0.22 -0.29
強い汚染があります。最終的にワースト上位に残るでしょう。
・新潟6 上越市 0.96 1.05 -0.10 -0.19 -0.28
じりじりと悪い方向に順位を上げています。認識されていない汚染があるのかもしれません。
・千葉1 中央区 1.01 1.04 -0.03 -0.25 -0.28
一時ワーストワンを占めましたが、その後相対的な順位は低下しています。
・埼玉6 上尾市 0.96 1.06 -0.10 -0.18 -0.28
一時この地域で奇病が多発したとの情報がありました。

・・・・・

※ 美澄博雅 @hiroma_misumi氏の2018/9/29のツイート
表層で浸透した水の移動は複雑で、移動に伴って様々な物質も土層と水層の間で吸着、脱吸着を繰り返しながらいつまでも、どこまでも移動を続ける。降雨による水の移動も、表面に向かう蒸散に伴う移動もある。泥だけでなく落葉、朽木、コンクリートの中をも吸着と移動を続ける。

・・・引用終わり・・・

東京西部の山間部ではこのような現象が起きているとみられます。このようなプロセスが続く中で飲み水にも影響を与えている恐れがあります。他にも追加的な被ばく要因はいくつか考えられます。
posted by ZUKUNASHI at 13:06| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。