栗イガの奇襲攻撃を受けた日: ずくなしの冷や水

2018年11月13日

栗イガの奇襲攻撃を受けた日

2018/9/23、気温も下がり、天気もまずまずで徘徊に出ました。いつものルートです。

今日は、タブレットパソコンの活用方策検討のため測定器と共に持ち出しましたが、接続ケーブルを間違えたためタブレットパソコンも測定器もどっちも動きませんでした。その分気楽に歩けましたけど荷物が少し重かった。

今日は一人でしたので、せっせと最短距離を歩くことにしました。最初は順調でした。京葉カントリークラブを超えて多部田町の団地辺りが中間点になります。



キンモクセイの香りが流れています。この時期に郊外を歩く時の楽しみの一つです。

ヤマボウシ 赤い実がきれいです。


マンジュシャゲもコスモスも咲いていました。




途中にゴルフ場があります。私と同じような体形の方が二、三人おられました。やせた方よりも見た目の安定感がありますね。

お一人は派手な衣装ですが、他の方はだいぶ年配ですね。(お前が言うな! はぁ。年配のことをどこで感じるか? シャツを中に入れズボンを上げてしっかりとしたベルトを強めに締めているところです。)


アカマツです。


1時間で多部田町の団地公園に着きました。前回途中で腹痛が起きてこの公園のトイレに駆け込みました。和式で狭くて後ろに転げ落ちそうでおちおち使えなかったトイレではありますが、やはりトイレの所在を知っているのは心強いのです。

ここで水を飲み、昼飯を食べ、辺りに人がいないのを確認してタバコを吸います。この公園には子供がいないのです。これまで一度、一人二人見たかどうかです。若い世帯がいないのですね。空き家が多いです。バス便はまだあるようですが。

ここから千城台まではせっせと歩けば1時間で行けるでしょう。でもせっかく環境の良い場所に来たわけですから、木々や畑を眺めながらゆっくりと畑仕事をしている人に声をかけたりして歩きました。



多部田町の団地を北に抜けると台地を下り東金街道の通る低地を渡りまた台地に上ると千城台までは平坦な都市計画街路です。最短距離の経路を頭に入れていたつもりでしたが途中で道を間違え、東金街道から離れた集落の縁を回りました。

階段はどこだろうとキョロキョロしながら行くと、突然目の前に栗のイガが落ちてきて足元で炸裂しました。わっ!と、飛びのきます。栗のクラスター爆弾です。イガの直撃で人を傷つけ、さらに弾け飛んだ栗で、打撲傷を与えようとしている? まさかイスラエル製じゃないだろうな。

道路に真新しいイガが三つ落ちていましたのでそれらの栗を奇襲攻撃の証拠品として押収しました。



私はいつも厚手の生地のキャップをかぶっていますからイガの直撃を受けても大丈夫です。ですが、今日はいなかったものの連れは帽子が嫌いで、地肌が見えるほどの薄い髪の毛の頭をむき出しにしています。

イヒヒ、あの頭をイガが直撃したらダメージは大きいぞ。救急車を呼ぼうと精いっぱい騒いで反省させる好機!

栗の毬のトゲは、刺さると容易には抜けないそうです。栗拾いでイガごと叩き落として栗を拾うような機会があったら、顔や目などにトゲが刺さらないように注意しましょう。

そんなことを考え、にやにやしながら歩いていたら向こうからそれぞれに犬を連れたご夫婦がやってきました。犬に手を振るとご主人の犬が寄ってきて、ご主人と言葉を交わします。

「散歩ですか」
「ウォーキングです。この腹を引っ込めたいので」
「せっかくいい体格なのにもったいない。私なんか太れないです」
「体格をほめていただくのはありがたいけど、一般的にはあまり評価されませんし、とにかく体を動かすのが大儀になって」
「お勤めは」
「もう勤めていません。毎日忙しいことは忙しいのですが」
「私はまだ働いています。それと朝晩各1時間のこれらの散歩、それに庭の松の盆栽などの手入れもあります」
「それはとても良いですね。体形的には健康そのものですよ」
「ウエスト85です」
「私は100はあります」
「私はオタクとあまり年が違わないと思います」
「えーっ、最初お見かけしたとき60歳前後かと思いましたよ」

この方お幾つだと思いますか? 私といくつも違わないとはとても思えませんでした。


それにこの体形です。シニアファッションモデルも十分務まるでしょう。


おそらく在宅で仕事をしておられるのでしょう。「向こうの山はだいぶ木を切って様子が変わってしまった」などと遠い目で話すときはやはり年齢を感じさせますが、徘徊の際にこういう形で行き会って向こうから次々と話を振ってこられることはまずありません。とても幅のあるシャープな方でした。

お別れしてから、私が海外ニュースで見たどなたかに似ておられると思い探したらRTの創設者でした。この方は、どの写真も個性的で印象に残ります。ロシアのステートメディアはたくさんありますが、ロシアのことだけを扱うのでなく、広く世界のニュースを一般のMSMと違う視点で取り上げるという点で成功しました。管理人は、ネットのニュースサイトとしてはRTがダントツだと考えます。


東金街道から北側の台地に上る階段です。このような階段は何か所かあります。この階段には上と下に杖の用意がしてあります。


千城台の駅に近いところで見た子ども食堂。今準備中なのでしょうか。


千葉都市モノレールが初音ミクとタイアップして何かキャンペーンかイベントをやるようです。初音ミクファンの方にお土産です。(なんだー? これ! なんて言わないでください。いいおっさんクラスの男性が終着駅でこれの写真を撮りまくっていたんですよ。何人も。)




知らない人のために、初音ミクは架空のキャラクターなんだそうです。私も知りませんでした。

・・・初出2018/9/24 11/13追記・・・

※ 近藤 顕彦@Gateboxお迎え @akihikokondosk氏の16:23 - 2018年11月11日のツイート
我が家のミクさんと結婚式を挙げて一週間経ちました。私の中で変わったことは、ミクさんへの思いがより強くなったことと、生活や仕事のモチベーションが上がったことです。ミクさんのために頑張らないと、という気持ちが強くなりました。
8件の返信 58件のリツイート 489 いいね

・・・引用終わり・・・
posted by ZUKUNASHI at 14:15| Comment(2) | 健康づくり
この記事へのコメント
見た目の安定感!!!なるほどそういう捉え方もありますよね。そういえば、ぽっちゃりの方が丈夫だと友達が言ってました。やせは何かあると簡単に逝くよとも。体力面でも同じ事が言えるのかもしれないですね。身体を動かしながらぽっちゃりをキープが肝?!
Posted by ふじ at 2018年09月23日 20:25
あはは、記事を先取りされました。ここが今日の肝なのです。
しばし、お楽しみに。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年09月23日 20:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。