田舎の精神性? 男の子の行動の予測は難しく疲れるもの: ずくなしの冷や水

2018年08月22日

田舎の精神性? 男の子の行動の予測は難しく疲れるもの

※ zen_mondo@zen_mondo 2018.08.15 12:45:48
山口県・周防大島町で無事発見された2歳の理稀ちゃん
祖父が現地で取材に対応
取材陣「理稀ちゃんが発見された場所付近には探しに行かれた?」
理稀ちゃんの祖父「まさかそんな所まで行くとは思っていなかったので、探しには行ってなかったです。」

※ なつ@nathuho1 2018.08.15 12:43:49
なんか事の発端となった、2歳の孫を1人で帰らせたよしきくんの祖父の会見を生中継で見てたけど、2歳だし大丈夫だと思っていた。あんまり心配はしていなかった。みたいな事を言っててえ?ってなった。自分から見つけ出してくれたボランティアの方へのお礼の言葉も全然言わないし。

※ kotono@ccf_kotono 2018.08.15 12:46:01
今回の2歳児の行方不明事件、祖父の態度に批判が殺到しているが田舎の老人にはこういう人が意外と多い。責任感がなく、最悪のことが起こると発狂する老人。自分の親族とはいえ、そういうタイプの人に自分の子供を任せてはならない

※ とりひき@ygru1pp2 2018.08.15 12:43:57
周防大島の祖父のインタビュー、、もう喋らせないほうがよいかと、

【山口男児発見】発見後の祖父のインタビューがヤバイ「他人事、反省なし、無責任」と批判殺到

・・・・・・

2018/8/21、横浜にてさんから寄せられた投稿を掲載する。おっしゃるとおりです。一言もありません。引用開始。

このインタビューを見ていないので、それについてはなんとも言えませんが、子どもが同じ年頃のことを思い出しました。

まず、子育ての経験がない人に特に未就園児を任せるのは無理だと思います。
祖父はまず、子育てなど人任せでしていないので全く使えません。
子どもがどんな動きをするか、そんなことを考えて世話ができる人を見たことがありません。
一度、何か用事があってほんの少し(1時間以内だったと思う)だけ実家の父に「孫を見ててね」と頼んだ事がありましたが、帰ってきたら、子どもが何か怪我をしていました。
何があったか尋ねたのですが、危なかったが「ただ見ていただけ」で何もしなかったと言われ、唖然とした事がありました。

確かに、そばにいても目の前で怪我をしてしまうこともありますが、そもそも、子どもの動きや内面の成長過程などが全くわかっていないので「予測もできなければ、対処もできない」のでは?
「子守なんて、自分が本読みながら適当に見ていれば簡単にできる」くらいの認識なんだと思います。

祖母でも、子どもが予測しない行動をするのを忘れているくらいですから子育てなんかしていない祖父には無理な話です。

子どもが小さい頃は、実家や小さい子がいない家に行くのが怖かったです。
自分の家なら、包丁は簡単に開けられない所にしまったり、
飲み込んだら危ないボタン電池や小物、ハサミやカッターなどは出しっぱなしにはしていませんし、テーブルクロスの上にガラスのコップなどは置きませんが、もう、室内も危険がいっぱいで気が休まりませんでした。

当時よく、「実家に帰って、祖父母の運転する車に轢かれた」とか「実家の近くを通っていた線路で遊んでいて電車に轢かれた」とかいうニュースを見ては気をつけなくては・・と思っていました。

祖父母に限らず、「スーパーで夫に子どもを見てもらっていたのに、いなくなって血眼になって探したら、パン屋の前で口の周りを砂糖まみれにしている子を発見した」と言っている友人もいました。
母親でも、上が女の子で下が男の子の場合、危険なことをわざわざしない女の子に比べると突拍子もない事をする男の子の行動の予測は難しく、疲れると言っている人もいました。

子どもは片手間に、自分の気分の良いときだけ世話をするものではありません。
子どもを預かるということは、子どもの命を預かるということです。
その責任を感じて子どもを預かったら、母親が一人で奮闘していることがよく分かるはずです。
posted by ZUKUNASHI at 00:36| Comment(8) | 国際・政治
この記事へのコメント
孫は来て良し、帰んで良し
いい加減めんどくさかったんじゃないのかな?
じっさい大変だし
Posted by SY at 2018年08月21日 18:44
もしそれがあって目を離したとしたら、もっと批判されますね。
Posted by ずくなし at 2018年08月21日 19:04
ニュースになるのは稀だけど、けっこうあると思いますよ。
批判?
その度に親(特に母親)が叩かれているではありませんか?
みんな親のせいと
だから子育てどころか生むこともしなくなっているんです。
批判する人は、自分の子ども時代を胸に手を当てて思い出してください。
Posted by SY at 2018年08月21日 20:30
祖父の話と親の話は別でしょう。
保護者しての立場も違う。
Posted by ずくなし at 2018年08月21日 21:14
同じこと10回以上聴かれたら
あほくさくなるかもよ。
Posted by hiyaase at 2018年08月21日 21:21
このインタビューを見ていないので、それについてはなんとも言えませんが、
子どもが同じ年頃のことを思い出しました。

まず、子育ての経験がない人に特に未就園児を任せるのは無理だと思います。
祖父はまず、子育てなど人任せでしていないので全く使えません。
子どもがどんな動きをするか、そんなことを考えて世話ができる人を
見たことがありません。
一度、何か用事があってほんの少し(1時間以内だったと思う)だけ
実家の父に「孫を見ててね」と頼んだ事がありましたが、
帰ってきたら、子どもが何か怪我をしていました。
何があったか尋ねたのですが、危なかったが「ただ見ていただけ」で
何もしなかったと言われ、唖然とした事がありました。

確かに、そばにいても目の前で怪我をしてしまうこともありますが、
そもそも、子どもの動きや内面の成長過程などが全くわかっていないので
「予測もできなければ、対処もできない」のでは?
「子守なんて、自分が本読みながら適当に見ていれば簡単にできる」くらいの
認識なんだと思います。

祖母でも、子どもが予測しない行動をするのを忘れているくらいですから
子育てなんかしていない祖父には無理な話です。

子どもが小さい頃は、実家や小さい子がいない家に行くのが怖かったです。
自分の家なら、包丁は簡単に開けられない所にしまったり、
飲み込んだら危ないボタン電池や小物、ハサミやカッターなどは
出しっぱなしにはしていませんし、テーブルクロスの上にガラスのコップなどは置きませんが
もう、室内も危険がいっぱいで気が休まりませんでした。

当時よく、「実家に帰って、祖父母の運転する車に轢かれた」とか
「実家の近くを通っていた線路で遊んでいて電車に轢かれた」とかいうニュースを見ては
気をつけなくては・・と思っていました。

祖父母に限らず、「スーパーで夫に子どもを見てもらっていたのに、いなくなって
血眼になって探したら、パン屋の前で口の周りを砂糖まみれにしている子を発見した」と
言っている友人もいました。
母親でも、上が女の子で下が男の子の場合、危険なことをわざわざしない女の子に比べると
突拍子もない事をする男の子の行動の予測は難しく、疲れると言っている人もいました。

子どもは片手間に、自分の気分の良いときだけ世話をするものではありません。
子どもを預かるということは、子どもの命を預かるということです。
その責任を感じて子どもを預かったら、母親が一人で奮闘していることがよく分かるはずです。
Posted by 横浜にて at 2018年08月22日 00:12
管理人さんも子育てしてない人なんですね。
Posted by SY at 2018年08月22日 23:26
ええ 落第点もいいところでしょうね。
Posted by ZUKUNASHI at 2018年08月22日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。