イスラエルはなぜ病院からけが人を運び出そうとするのか: ずくなしの冷や水

2018年08月20日

イスラエルはなぜ病院からけが人を運び出そうとするのか





トルコではイスラエルの医師が協力して臓器売買が行われていると伝えられたことがあります。

2018年01月06日
コソボから国際手配されたイスラエル人臓器密売容疑者がキプロスで逮捕される

2017年04月24日
トルコのテロ主導が次々と露顕 サンクトペテルブルグでも

2017年01月17日
トルコのメディカルセンターにかかると身体器官の一部を盗まれる

※ mko ‏@trappedsoldier 氏の2016/12/27のツイート
イラク・モスールの病院では、臓器摘出に協力することを拒否した医師50人がISISに殺害されました。代わりにドイツ人医師が手術を担当。コソボではアルバニア人テロ組織KLAがセルビア人兵士を捕虜にし、必要な時に殺害し臓器を取り出す。トルコの医師が担当。そしてイスラエルの影。これは事実

2016年11月16日
イラクでシリアで子供が誘拐され 欧州では難民の子供が多数行方不明です


日本では
※ 神奈川県座間市の9人殺人事件については、近所の人が『大きいクーラーボックスを3人がかりで運ぶのを見た』との証言があったそうで、臓器売買の可能性もあるとの見方も出ているそうです。一人でこれだけの数の人をバラバラにはできないとの医師の指摘もありました。でも移植用の臓器摘出なら、風呂場ではできないはず。いずれにしても、一人でやった犯行という説明は納得しがたいです。
posted by ZUKUNASHI at 17:41| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。