米ロ間の経済戦争勃発か: ずくなしの冷や水

2018年08月10日

米ロ間の経済戦争勃発か

RT2018/8/10
Russia to treat further US sanction as an open declaration of economic war – PM
Prime Minister Dmitry Medvedev has warned the US that any sanctions targeting Russian banking operations and currency trade will be treated as a declaration of economic war and retaliated against by any means necessary.

“If they introduce something like a ban on banking operations or the use of any currency, we will treat it as a declaration of economic war. And we’ll have to respond to it accordingly – economically, politically, or in any other way, if required,” Medvedev said during a trip to the Kamchatka region.

"Our American friends should make no mistake about it,” he emphasized.

Medvedev noted that Russia has a long history of surviving economic restrictions and never caved in to the pressure in the past. “Our county had been living under constant pressure through sanctions for the last hundred years,” Medvedev said, accusing the US and its allies of employing sanctions to undercut global competition. “Nothing has changed.”

The prime minister said that by targeting Russia’s gas exports to Europe, Washington wants to push its own LNG shipments to the continent. “It’s an absolutely nonmarket anti-competition measure aimed at strangling our capabilities.”

Medvedev pointed out that the US is simultaneously imposing tariffs on China. “The Chinese, obviously, don’t like it. No one does. And our goal is to resist all these measures.”

On Wednesday, the US State Department announced a new round of sanctions targeting Russian exports of dual-purpose electronics and other national security-controlled equipment, which will come into effect on August 22.

人民日報記事に関するロイターの報道2018/8/10
貿易摩擦は中国が招いたものでは全くなく、旧ソ連や英国、日本など、米国の覇権を脅かす恐れがあるとみなした国を米国が追い込もうとするのは歴史が示しているとし、中国は巨大で成長する経済により、その最前線に立たされているとの見方を示した。
社説は「1世紀以上にわたる大変な努力を経て、中国は世界の舞台の中心に帰ってきた。中国と米国の貿易摩擦において、われわれが踏まえねばならない基本的な事実だ」とし、「象が苗木の後ろに隠れることができないように、中国の大きさや重さは『控えめな姿勢』では隠せない」と強調した。
また、米中貿易摩擦の激化は中国が米国の覇権を脅かす最大の存在になっているとの懸念が背景にあり、中国が米国に対する「前例のない敵」として浮上していると説明。
「中国が何をしようと、米国の目には中国の発展が既に『米国の優位性を損なっている』ように映る」とし、「このような『敵』に対しては、米国はまず敵の存在を利用し、『米国を再び偉大にする』ため国民の支持を呼びかけ、その上で敵の優位性をあらゆるレベルで抑制する、という2つの措置に出るのが必至だ」と指摘した。
posted by ZUKUNASHI at 15:02| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。