嗅覚への影響がほとんどない方もおられる: ずくなしの冷や水

2018年08月21日

嗅覚への影響がほとんどない方もおられる

2018/8/9に寄せられた臭覚についてのアンケート回答を掲載する。アンケート回答主は、公開されないことを前提に書いてくださったのだろうと思うが、公開させていただく。嗅覚についての影響はほとんど見られない。これまでのところ、体調いかんにより嗅覚に変化があるという方が多い。今回の回答主は、猫や犬の飼育に関して詳しい知識と長い経験をお持ちの方。本などを書いておられるのではないかと思うが、ご本人には確認していない。まだならぜひお書きになったらよいと思う。
問の一覧
質問1  C
質問2  A ○  B ○  C ○ (葉や茎自体、香ります)  D ○ (庭のドクダミを抜く時触っただけで匂います)  E ? (手近にクスノキがないためわかりません)  F ? (ヨモギ粉末は臭いを感じます)  G ○  H ○  I 生ごみは冷蔵庫の野菜室に保管しているので、臭いの発生無し。  J × (換気扇使用)  K △ (短時間は好ましく感じる)  L 変化無い  M ○  N 変化無い  O 変化無い

やむを得ない諸事情で猫が**匹に増えてしまいましたが、 窓締切り、エアコン・空気清浄機(消臭機能無し)24時間稼働、湿度が高い時は除湿機稼働、システムトイレ使用で、それほど動物臭が強くなってはいないと思います。 (↑は猫友さん評。犬猫嫌いの方は臭うと思いますが。)

いろいろなものが混ざったものは匂いを感じにくい? 豚肉や鶏肉の調理には単独の香辛料(スパイス)で変化をつけています。 コショウ、ショウガ、ニンニク、タイム、オレガノ、グローブ、クミン、etc. (タイムやオレガノはハーブティーとして売られているものを使用)

カツオ出汁等海産物をいっさい使わないため、物足りなく思う夫は、友人との外食や惣菜等で好きなものを食べています。 私がする事に反対はしないけれど、影響があるとは思わないという態度は変わらず、そのせいかどうかはわかりませんが、ちょっとした体調不良は夫の方がはるかに頻繁に出ています。

5年前からの耳の不調、、、何か所か耳鼻科での受診を経て先日、杉並の専門医の診察で「耳管開放症」と確定診断が出ました。原因不明のようで、治療法は確立されていません。 7月末、症状の無かった方の耳に突然違和感を感じて、耳鼻科受診。「水泡性鼓膜炎」と診断され、こちらは、服薬で治ったようです。

80歳以上の方が多い我が家の周囲、、、お歳の割には皆様お元気と思っていましたが、昨年秋以降、お二人がガンのため亡くなられ、お一人は脊柱管狭窄症で歩行がご不便になったりと、ここにきて体調不良が目立ってきました。

・・・引用終わり・・・

キンモクセイの香りについて「短時間は好ましく感じる」と書いておられます。管理人もそうです。キンモクセイはほのかな香りでも感じます。木に一つ二つしか花をつけていなくても匂いで木があることがわかります。つぼみでも匂うように思います。

嗅覚が失われたという方はまだおられないのですが、眠くて仕方がないとか、よく卒倒しているような方は、匂いを感じているのでしょうか。

注目すべき事例

※ 武矢けいゆう@外科医の視点 @keiyou30氏の2018/7/17のツイート
高齢の方で、腐ったちらし寿司を食べて急性胃腸炎になって入院した方がいらっしゃったのですが、あとで娘さんが確認したら腐臭がしていて、とても食べようと思うような代物ではなかったと。
認知症ではなかったですが、お元気でもにおいや味に鈍感になっている高齢者は多いので、この時期ご注意です。
posted by ZUKUNASHI at 10:19| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。