千葉市は夏に浜通り発急行便が通る: ずくなしの冷や水

2018年08月08日

千葉市は夏に浜通り発急行便が通る

千葉市は冬季は北風が吹いても西寄りの風なんですね。
東北の風はむしろ夏季に多い。




千葉市は夏季には鹿島灘からの風のメインストリートなんですね。

2017年04月01日
千葉1区の人口動態悪化要因はなんだろう

千葉市南部クリーンセンターの汚泥焼却灰のセシウム濃度は、2012年に入ってリバウンドを示しており、そのピークは三つあります。2012/4/18、2012/7/4、2012/11/7


山武市内の事業所が測定した空間線量率。この事業所は放射性薬品を製造しており、除染が徹底しているでしょう。ここでもリバウンドが見られ、2012/4から2012/10までが高くなっています。


やっと千葉市南部クリーンセンターの汚泥焼却灰セシウム濃度上昇の謎が解けました。

セシウム濃度は下がっても、今もベータ線源やアルファ線源は運ばれているでしょう。千葉1区の人口動態が改善を続ければ、浜通りからの風の急行便が運んでくる放射性物質が減ったと言えることになるでしょう。
posted by ZUKUNASHI at 20:27| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。