花の色が変わるのは受粉済のしるし: ずくなしの冷や水

2018年08月08日

花の色が変わるのは受粉済のしるし

ニオイバンマツリなどは、花が咲いている間に色が変わります。一部の種では、これはその花が受粉したことによる変化なんだそうです。色の変わっていない花に昆虫を誘導する。初めて知りました。



花の色が変わるものはいくつもありますが、全部がそうではないのでしょう。

昆虫がいなくなったら花の色が変わらなくなる? どこかで起きているかも。

多肉植物は光の窓があって中まで光を届けているんだそうです。はー、なるほど。

posted by ZUKUNASHI at 08:48| Comment(0) | 木々と知り合う
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。