ロシアで行われている国際軍事演習のライブ映像: ずくなしの冷や水
この記事へのコメント
一番初めの写真の戦車は、ロシア軍のT-90戦車です、約40年前に開発されたT-72戦車に最新の技術をペタペタと貼り付けて作ったとても安く作れる戦車です。ロシアの軍人には、独ソ戦の経験から数を求める考えが強いです。独ソ戦で、ソ連はドイツの約10倍の戦車を作りました。まだ欧米の戦車と互角に戦える最新のアルマータT-14戦車の生産は、おこなつていません。価格の問題です。次の写真は中国の最新の99式戦車ですね。やつと欧米の戦車と戦える戦車をあの中国が作れるようになりました。夢のようですね、奇跡です。
Posted by 西 亨 at 2018年08月09日 19:53
これは中国の国産戦車なのですか。湛水路を抜けた後にエンジン部分から出る蒸気がそっくりなのでライセンス生産かと思っていました。
この競技演習に参加する国で自国で戦車を作れるのはロシアと中国だけでしょうか。
去年よりも今年はこの演習の規模が大きくなっているように感じます。
Posted by ずくなし at 2018年08月09日 21:21
中国の技術面での躍進は戦車でも、ですか。
人口も多く、才能ある若者も多く、
そして過去の反省から学問の重要性に気付き、
海外で学んだ人間を大切にし国を発展させる。
そういった当たり前のことをやってきた結果の一つなのでしょう。

戦争の技術が進歩することは手放しに喜べませんが、
無法者の米国や、それに追従する無思慮な同盟国が
同じ地域に存在する国際関係において、
戦争回避のためその存在を否定できないのが悲しいです。
Posted by 諦観 at 2018年08月11日 01:15
今年米国の軍事費は、80兆円、中国が30兆円以上、ロシアが10兆円以上です。中国とロシアは軍事費をほかの予算に入れて隠しています。ロシアは、GDPが180兆円で苦しいです、だから年金の支給年齢引き上げの話が出ています。中国は、GDPが1500兆円ですから楽です。中国は、空母2隻を同時に作っています。3つの空母機動部隊を作る計画ですね。やはり巨大な経済超大国でないと巨大な軍事力は、維持できません。ソ連みたいに破滅します。
Posted by 西 亨 at 2018年08月11日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。