久方の買い物 雑多: ずくなしの冷や水

2018年08月06日

久方の買い物 雑多

2018/8/6は、運動のため短い時間ですが、買い物に出ました。下流老人の娯楽を兼ねたショッピングの場はホームセンターです。

プラスティックケース 228円
リアルタイム測定システムの測定器を収納するためのものです。試し買い。1個200円近く安い。

ビンテージキャップ 880円
外出時は常にキャップをかぶっています。先日若い刑事に呼び出された(呼び出した?)ときもかぶっていましたら、前職は自衛官かと聞かれました。へー、そんな風に見えることもあるんだ。最近かなり軍事オタク化しているために顔つきにも出ているのかな? と少し肩を怒らせてみたり。(残念でした、公安ではありません)
夏はキャップを外出のたびに洗いますから縁がほつれてくるのです。なかなかサイズが合いません。地味な色柄です。

パスケース 980円
先日、都心の役所に出たとき免許証が見つからなくて困りました。本人証明ができないのです。パスポートはありますが、出直せばまた一日仕事です。帰宅後あちこち探しましたが見つかりません。再交付申請かとあきらめていました。
ところが書類をコピーしようとしてプリンターのふたを開けたらそこにあるではありませんか。免許証がマイナンバーの紙と一緒に。これは3月の確定申告の際に使ったはず。ということは5か月も免許証をここに置き放しだったということです。もう本人証明も必要ない=社会から隔離、遠ざけられた存在なんですね。ひがみました。免許証やクレジットカードのパスケースがボロボロでした。

特殊ねじドライバー 1980円
測定器分解用です。うまく適合するか心配でした。2千円無駄になる。日本製個人向け放射能測定器は精密に作られているが世界には通用しない品質

牛革ベルト 980円
肥満で以前のベルトが使えなくなりました。この時に備えて買ってあった破格の安値のベルトは一回で表面が剥がれました。孫に会いに出かけるときのためです。半ズボンでは行きませんからご心配なく。そういえば、読者に老人の半ズボン姿は無謀と驚かれましたが、改めて足を見たら向こう脛の傷が薄くなっていました。手の老人性色素斑は薄くなりません。

銅板2枚 208円 キッチンの換気扇のフィルターを留める金具が見当たりません。交換用のフィルターは何千円もします。ペンチで加工して自分で代替品を作ります。ちょうどよい大きさのものが見つかりとてもハッピーでした。

ブリーフ(2枚組) 880円
古くなってゴムが伸びるととても困ります。夏の裸ん坊生活の唯一の服飾です。郵便配達などのお兄さんにこんな格好でごめんねと詫びながら、彼らが目のやり場に困っている様子を楽しんでいる不良老人です。

合計 6,136円 消費税 490円 合計 6,626円

こんなショッピングじゃ娯楽にならない? いいえ、これが使えるかと狙いを定めて、工具や部材を探してそれを使って期待通りの成果が得られた時の達成感はなによりも大きいのです。

中でもキャップは、人造カツラなどに比べてどんなにコストパフォーマンスがよいか、わかりますか? 880円ですよ!
posted by ZUKUNASHI at 21:47| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。