恐怖の五輪トライアスロン: ずくなしの冷や水

2018年08月05日

恐怖の五輪トライアスロン

※ 共同2018/8/2
五輪トライアスロンのコース発表
「最も都会的なコース」
東京湾に架かるレインボーブリッジ
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、東京・お台場が舞台となるトライアスロンのコースを発表した。ベイエリアを象徴する名所のレインボーブリッジや観覧車、商業施設群を望みながらのレースとなり「史上最も都会的なコース」としている。
 お台場海浜公園がスタートとゴール、次の種目に移行する「トランジション」の地点となる。五輪で1.5キロのスイムは公園内の海に設置する浮桟橋から飛び込み、1キロを1周、さらに500メートルを1周する。5キロの道のりを8周するバイクは公園から南に向かい、都市型スポーツの会場群「アーバンクラスター」や、花と緑に囲まれたシンボルプロムナード公園を東に抜け、北進してお台場海浜公園に戻る。ランは同公園周辺で2.5キロを4周する。

・・・引用終わり・・・

風向きによっては、選手が頭から放射性物質をぶっかけられることになりかねない。

大阪で鼻出血と全身湿疹の患者に医師がどこかへ行ったか尋ねたら・・・
患者「はい、お台場にオフ会で2泊しました」
2018年06月29日
何を食べたんだろう。それともこっちだろうか

※ クライマー☆彡 @free_climber223氏の13:38 - 2018年8月3日 のツイート
暑さももちろんだし、東京湾の汚い水でトライアスロンやるとか、もう狂気の沙汰。
酷いことになりますよ、これは。

※ ひろこ @rokoroko0919氏の2018/8/3のツイート
断言します。 病人か、最悪死者が出ます!!

・・・・・・

管理人は上に引用したツイートの通りの結果になると想像している。観客にも被害がありうる。この計画通り強行するなら現場の混乱はまさに見物だ。

2016年12月16日
マラソン 駅伝はハイリスクなスポーツです

2016年07月09日
トライアスロンで命を落とさないでください

2016年07月07日
日本人 激しい運動は死を招く危険

2015年09月30日
トライアスロン連合が死亡事故多発で緊急要請

2013年02月09日
手賀沼でトライアスロン? とんでもない!
posted by ZUKUNASHI at 15:47| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
「死者が出る」がブレーキにならない国、日本。
先の大戦から本質は不変、この先何が起きたら気付くのやら。
Posted by 諦観 at 2018年08月04日 18:08
手元にあった、気になった新聞記事より

横浜シーサイドトライアスロンでの死亡事故
2011年 51歳 男性
2012年 48歳 男性
2016年 58歳 男性

水泳中の事故が多いようです。
同じ大会でこれだけ死亡事故が起きても続行するというのがすごいですね。
トライアスロンって、抜きん出て体力のある方が参加されるものと思っていましたが
(その人だけは弱かったからという理由は成り立ちませんよね)
大会関係者は屈強の男性がバタバタと亡くなっていても問題ないという認識なのでしょうか?

「いつも誰か死ぬよね〜」みたいな大会って開催していいものとは思えないのですが。


最近のマラソンでは20代の若者が亡くなっています。

2017年 兵庫県神鍋高原マラソン 26歳 男性
2018年 姫路城マラソン     28歳 男性

大会だから報道されますが、ジョギングなどの練習中の事故なら
報道もされているかわかりませんね。
確か、ジョギング中に倒れて亡くなった企業の社長さんの報道もあったように
記憶しています。

自分が死ぬかもしれないと思って参加したわけではないですよね。きっと。
Posted by 横浜にて at 2018年08月05日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。